「全裸監督」に学ぶセールスの極意!ビジネスにも役立つ名言や考え方

スポンサーリンク

山田孝之主演の「全裸監督」は、80年代の日本において、ビニール本(通称ビニ本)ブームを巻き起こした、AV監督である村西とおる氏の半生を描いた作品です。

全裸監督のレビューについては、他のブログに任せるとして、本ブログでは全裸監督から学べるセールスのコツやテクニックについて紹介します。

 

本記事のトピック

・セールスに必要なコツは?
・人が買う時の心理とは?

スポンサーリンク

まずは「褒めて」次に「口説き文句」を突き刺せ!

山田孝之氏が演じる村西とおるは、作品の中では、英語教材販売のセールスマンですが、作品の冒頭では典型的なダメセールスマンです。

営業成績もいまひとつ・・そんな時に、板尾創路演じる、凄腕セールスマン先輩社員にセールスのコツを伝授します。

 

いいか?相手は全員、上玉の女と思え。

まずは、褒めて、褒めて、褒めて、褒めて、褒めて、褒めて、心を開かせろ。そして、ぱっくりと開いた、最高の口説き文句を情熱的に突き刺す!

女をイかせるつもりでやれ、なるべく丁寧な言葉でな。これがセールストークのコツだ。

 

セールスもマーケティングも、いわば口説くことと同じです。

いきなり売りつけても、相手は引いてしまいますが、褒めたり、共感したりして、心のつながりを作ったうえで、思わず買いたくなるような「情熱的」なセールス文句が効果的です。

そして、丁寧に説明することを心がけるということです。何かを購入する判断は、やはり不安ですので、じっくりと説明することが大事なんですね。

 

自分が落としやすいターゲットを見つけ出せ。

村西とおるは当初は、ターゲットを選ばずに闇雲に訪問営業をしていましたが、当然ながら成約には結び付きません。

そこで、さらに先輩社員からかけられたアドバイスが以下の言葉です。

 

自分が落としやすいターゲットを見つけ出せ。そうすりゃ、お前も一人前のセールスマンになれる

 

やはり自分が売りやすいターゲットを選定することが、最も基本的ですが、重要です。逆に売りにくいところを選ぶということは、相性が悪い敵に挑むようなものです。

当たり前すぎるのですが、忘れてはいけない視点ですね。

スポンサーリンク

中にすっげぇもんが載ってるって思わせろ!

村西とおるが凄腕セールスマンとして頭角を現しつつあるとき、勤め先が倒産してしまい無職となってしまいます!

そんな時に、偶然、酒場で会った満島真之介演じる荒井トシとの出会いをきっかけに、ビニ本業界への参入を決意します。

現在、ビニ本は死語となっていますが、当時は画期的なキラーコンテンツだったわけですね。まだまだ業界として確立していなかったビニ本業界に参入を決意させた、荒井トシの言葉です。

 

ビニ本はよ、中身を隠して、中にすっげぇもんが載ってるって思わせて買わせる

 

中にすっげぇもんが載ってるいると思わせる・・・まさに情報商材に近い発想ですね。購入しないと中身を確認できない、だけど中身が凄いと思うから、つい買ってしまう。

このような、「期待する」という人間の心理を突いている商品は、やっぱり売れるんですね。

ビニ本はなくても、売れる商品の本質はやはり変わらず、期待感というものが重要となるわけです。

 

スポンサーリンク

全裸監督は「M&A」「SPA」などビジネス手法も学べる

セールスやビジネスに役立つ名言も多いのですが、全裸監督の作品には、現在のビジネスにも通じるスキームが多く出てきます。

ビニ本を販売するために書店ごと買収(M&A)

ビニ本に目をつけた村西とおるは、さっそくビニ本を売ろうとして、書店に掛け合うのですが、書店側はわいせつ物は置けないと反対します。

そこで、思い切って村西とおるは、書店ごと(店長も含めて)買収してしまうんですね。

いちいち交渉という時間をかけずに、時間を買うM&Aの手法で、ビニ本の店舗を大規模に広げていきます。

 

ビニ本を企画・製造・販売を一手に行う(SPA)

商品であるビニ本を仕入れていましたが、村西とおるは、自らで企画・製作も行うこととなり、問屋を通さないことで、ビニ本の品質を高めるとともに、ビジネスの利益率を高めることに成功しました。

商品の企画から販売まですべてを行う手法は、ユニクロやGAPが当たり前に行っているSPAという手法ですね。

 

スポンサーリンク

「全裸監督」は単なる娯楽映画ではない!

全裸監督は、山田孝之をはじめ、満島真之介、玉山鉄二、リリーフランキー、石橋凌など豪華俳優陣が多く出演しており、エンターテインメント作品としても傑作です。

しかし、今回紹介したようにセールスやマーケティングに役立つヒントが、多く散りばめられています。

まだ視聴していないという営業マン、マーケターの人は一見の価値があると思いますよ。

公式サイト

バブル景気に沸いた1980年代の日本に、逆境をチャンスに変えた奴がいた。男の名は村西とおる。彼こそが、エロの概念を覆し、AV業界に革命を起こした伝説の風雲児。

 

原作本

 

全裸監督は、ネットフリックスのオリジナル作品です。なお、ネットフリックスは30日間は無料で使えます

また、ネットフリックスを楽しみたいならば、パソコンやスマホよりも大型テレビで楽しむのが一番です!そんな時には、Fire TV Stickが必要です。