【ハピタス改悪】ハピフレ開始で紹介料率が40%から20%に激減!ネット上は阿鼻叫喚の声が・・

スポンサーリンク

 

10月から始まったハピタスの新友達紹介制度である「ハピフレスコア」ですが、以前から指摘したように、これは紹介料率を削るための改悪だと指摘しました。

実際、Twitterやネット上の声も、紹介料率が減ったという声ばかりですし、私自身も、紹介料率が減り、獲得ポイントが大幅に減ってしまいました

ということで、今回はハピタスフレンドはやっぱり改悪だったよ・・・というお話です。

 

スポンサーリンク

ハピフレで紹介料率が40%から20%に大幅減少・・・

では、論より証拠、これまでのハピタスの紹介制度である「ハピ友」時代においては、ポイントの紹介料率は40%でした。

しかし、10月から始まったハピタスフレンド、通称「ハピフレ」によって、紹介料率が40%から20%に半分も激減してしまいました。

紹介料率が減れば、当然ながら入ってくるポイント収入も減ります。

ハピ友時代には、毎月40,000ポイント程度は入ってきていましたが、ハピフレによって20,000ポイント以下になってしまいました。

 

ハピ友時代

 

ハピフレ移行後

 

42,612ポイントから19,484ポイントに減額したというのは、結構ショックですよね・・・

 

スポンサーリンク

ネット上では、ハピタスのポイントが減ったという悲鳴の声続出

では、ハピタスフレンド移行後のネットの反応をみてみます。

 

 

私の場合は、紹介料率20%でしたが、10%台に下がったという人も多いですね。

ハピタスフレンドは、理論上は最大45%の還元率がもらえるという触れ込みでしたが、実際のところ、そんな人は本当にごく一握りです。

実際に45%の還元率を獲得している人もいるようですが、本当に業界では有名なマイラーブログを展開している人でした。

 

スポンサーリンク

 

 

もはや、ほんの一握りのブロガーのみ優遇して、私たちのような弱小ブロガーは切り捨てるというのがハピタスの方針なのでしょうか・・・

 

【まとめ】ハピフレは改悪だけど、それでも収入は安定している

ハピフレに移行したことで、間違いなくポイント還元率は下がったものの、それでも毎月安定収入が見込めるのが、ハピタスの友達紹介制度の魅力です。

アドセンスは、検索結果に左右されるものの、ハピタスはある程度安定しているので、おそらく毎月入ってくるポイントは、18,000から20,000前後となるのでしょう。

今後も、ハピタスを紹介していこうと思いますが、モッピーやポイントタウンといった競合のポイントサイトも魅力的ですから、ますますポイントサイト業界は競争が激しくなるでしょう。

私自身は、今後はハピタスに注いでいた力をモッピーにも投入していこうと思います。

 

[関連記事]

最近のハピタスは魅力薄?こっそりモッピーに浮気している理由を告白します。
基本的に複数のポイントサイトに登録する、いわゆる「ポイントサイト浮気」「ポイントサイト掛け持ち」をおすすめしないことは、以前の記事で説明しました。 しかしね、あのーですね、他のポイントサイトって...

 

懸念は、このハピフレ改悪によって、多くのブロガーがハピタスに見切りをつけるという事態です。長年ハピタスに親しんでいた者としては、何とかハピタスには紹介者へのインセンティブへの配慮を忘れては欲しくないですね。