【朗報】2021年のハピタス紹介制度が改善!弱点やリスクを検証しました

スポンサーリンク

ついに悪評高き「ハピタスフレンド」及び「ハピタススコア」が廃止されます!!

数多あるポイントサイトの中でも屈指のポイントの稼ぎやすさに定評がある「ハピタス」ですが、正直いって友達紹介制度は控えめに言って「最悪」でした・・・

ハピタスに限らずポイントサイトは、友達を紹介すればするほど、ポイントを獲得することができるというインセンティブがあります。

 

やっぱり紹介するからには、得られるポイント還元率が高い方がいいですよね。そんな還元率が改悪されていたハピタスが2021年1月から新しい友達紹介制度に移行するというわけです。

そこで本記事では

・これまでのハピタスの友達紹介制度の変遷

・2021年1月始まるハピタスの友達紹介制度の内容

・新しいハピタスの友達紹介制度の弱点

について検証してみます。

スポンサーリンク

ハピタスの友達紹介制度「ハピ友」がお得過ぎた(過去形)

ハピタスフレンド制度が導入される前は「ハピ友」という友達紹介制度があり、ハピ友制度はシンプルに友達を紹介すればするほど、友達を紹介した場合のポイント還元率が高くなるというものでした。

 

ハピ友のポイント還元表

ハピ友制度において、累計で、500人以上紹介すれば、得られるポイント還元率は驚異の40%となります。この場合、ハピ友が月50,000ポイントを得た場合は、その40%に相当する20,000ポイントが入ってくる計算です。

私の場合は、40%の還元率で、コンスタントに毎月30,000ポイントが入ってきていました。なので、私が紹介したハピ友のみなさんは毎月合計で120,000ポイントを得ているということですね。

よって、ハピタスは紹介する側にもメリットがあったので、非常に魅力的なポイントサイトだったんです。ハピタスフレンドが導入されるまでは・・・

 

 

スポンサーリンク

悪評高き「ハピタスフレンド」の問題点

高還元でお得だったハピ友制度でしたが、2019年10月から新しい友達紹介制度として「ハピタスフレンド」が始まりました。

ハピ友が累計の友達の人数によってポイント還元率が決まるという非常にシンプルな制度であるのに対して、ハピタスフレンドにおいて、ポイント還元率が毎月変動するというヘンテコルールを導入しました。

しかも、そんな還元率は「ハピフレスコア」なる評価基準に基づいて決まったのですが、これがまたわかりにくい。わかりにくいルールって、ユーザーの不信感を生みやすいので悪手なのですが・・・・。

 

このハピタスフレンド及びハピフレスコアの導入の結果、私のポイント還元率は40%から10%に大幅下落して、ポイントも最低でも30,000ポイントあったものが、10,000ポイントにも満たない水準に下がるという事態になりました。

実際、私以外のユーザーも同様の事態となり、これはハピタス至上最大の改悪という結果となりました。

しかし、そんなハピタス冬の時代が、2021年1月に終わりを迎えることになります。

 

スポンサーリンク

2021年から始まる新しいハピタスの友達紹介制度の内容は

ハピタスフレンドの問題点については、ハピタスが十分に把握しており、公式サイトで以下のように述べています。

「毎月、ハピフレポイント率が変わると、結局いつ紹介したらよいのか分からない」

「ハピフレスコアの計算式が分かりにくく、信憑性にかける」

といったお声があり、結果的に紹介しづらいプログラムになってしまっていたことに気づいたのです。

個人的にはハピタスフレンドの導入時から感じていたので、正直言って、いまさらかよ・・・という思いがあります。

とはいえ、ハピタスフレンドについては、ハピタスの運営元も試行錯誤の中で導入した制度であり、結果的に間違いだったことを認めたことは評価していいでしょう。

そして、2021年から始まるハピタスの友達紹介制度は以下のようになります。

 

 

 

ハピフレスコアが廃止され、還元率は7段階に簡略化されます。

友達を1人紹介したら最低でも10%の還元率であり、1,000人紹介していれば還元率は40%となります。

私はというと、現在700名程度の紹介した友達がいますので、計算上は35%の還元率となります。現在の10%の還元率に比べると実に3倍も向上するので、諸手を上げて評価していいでしょう。

 

 

新しいハピタスの友達紹介制度の弱点やリスクはないの?

今のところ、ハピタスの友達紹介制度は改善されたので、大いに期待していいでしょう。

というか、ハピタスフレンドが最悪過ぎたので、その反動という側面はありますが、それでも素直に評価しています。もちろん、1月に実際に入った還元ポイントを受けてみないと評価は確定しませんが、それでも、凄く楽しみです。

では、新しいハピタスの友達紹介制度の弱点はないのか?と考えると、やっぱり、最高の還元率を得るハードルが凄く高いという点でしょう。

最高の還元率を得るためには、1000人はハピタスに紹介しないといけないので、これってすごくハードル高いですよね。

私もあと300人紹介しないといけないので、もう一息とはいえ、それでも壁は高いと言わざるを得ません。

しかし、逆に1000人紹介すれば、ハピタスが閉鎖されるから友達紹介制度が改悪されない限り、永久に40%の還元を受けられるわけなので、やっぱり魅力的ですよね。

やはりハピタスに限らずポイントサイトの友達紹介制度の改悪リスクはあるということは覚悟しないといけません。ハピタスほどの優良なポイントサイトでも間違った判断をするときもあるのですから。

 

関連記事

ポイントサイトって何?という人は以下の記事で紹介しています。

公務員が副業でポイントサイトを始めるときに役立つまとめ
公務員の副業として、今まで株やブログ、アフィリエイト、不動産投資と様々な方法を模索していましたが、最も手っ取り早くて、しかも合法的にできる副業は、現状ではポイントサイトがベストだと思います。 実際、私も副業でポイントサイトを始...