【JT減配ショック】JTの代わりに買いたい高配当銘柄7選!【2021年2月現在】

スポンサーリンク

JTの投資家に衝撃がはしっています。

株クラでは有名だった、高配当を誇っていた日本たばこ産業(JT)が減配を発表したのです。

やはり分散投資が重要ということがわかる事件でしたが、そこで、JTの代わりとなる高配当銘柄を紹介します。

スポンサーリンク

JTの代わりに買いたい高配当銘柄7選

さっそく、JTの代わりに買いたい高配当銘柄7選は以下の通りです。配当利回りも併せて紹介します。

 

・ソフトバンク 6.08%

・日本郵政 5.66%

・あおぞら銀行 5.65%

・三井住友フィナンシャルグループ 5.39%

・みずほフィナンシャルグループ 4.96%

・ENEOSホールディングス 4.95%

・三菱UFJフィナンシャル・グループ 4.84%

 

ソフトバンクの配当利回りと比較すると、日本の銀行預金の金利が0.001%なので、実に銀行預金の6000倍なので、投資をする価値がここにありますね。

 

スポンサーリンク

高配当銘柄の特徴は「通信」「銀行」「エネルギー」

今回、減配を発表したJTもそうですが、やはり生活に密着したインフラ系は、配当が高い傾向にあります。

実際、配当利回りが驚異の6%を誇る「ソフトバンク」も通信系であり、収益は安定してます。

また、三井住友、三菱UFJ、みずほの3大メガバンクも配当は5%近くありますので、非常に高い水準です。

そして、石油元売り首位のENEOSも高い配当です。

共通しているのが、生活に密着しているので収益が安定しており、すぐには倒産する企業ではないということです。

なお、今回は紹介していませんが、電力会社の株も配当は高いです。特に電力会社では関西電力は、現在の配当利回りは4.66%と高い水準です。

 

関連記事

2025年大阪万博で注目される関西電力の高配当と不動産ビジネス
まずは、2025年の大阪万博開催地決定おめでとうございます! 2025年 大阪万博が決定、55年ぶり 【パリ=奥山美希、中川竹美】2025年国際博覧会(万博)を日本(大阪)で開くことが23日(日本時間24日未明)、...

 

減配を発表したJTだけど高配当銘柄に変わりない

JTが減配を発表したのは残念であり、JTをコツコツ積み立てしていた投資家のダメージは大きいでしょう。

とはいえ、今回の減配でも、JTの配当利回りは依然として6%台はキープしています。

やはり、愛煙家は一定数いますので、需要は無くなることはないでしょう。

とはいえ、JTの株価は下落傾向なので、やはり集中的に投資するのはリスクは高くなりますね。なので、高配当銘柄投資をするならば、今回紹介した高配当銘柄に分散投資をする方が得策でしょう。

 

関連記事

好財務で高配当6%超のJT(日本たばこ産業)株が魅力的すぎる件について
日本たばこ産業、通称JTですが、イメージ的に社名にもあるように「たばこ」のビジネスイメージが強いと思いますが、実際は、世界中で多くの企業を買収する、国際的M&Aに積極的なグローバル企業であることをご存知でしょうか。 ...
スポンサーリンク
[PR]ポイントサイトで手堅くポイントを貯めるならハピタスがおすすめ。新規入会だけでもポイントがもらえます!

株式投資
財テク公務員ブログ