【イオンペイ】チャージする方法は?お得にポイントを多重取りする方法は?

スポンサーリンク

 

普段イオンをよく利用している私としては、非常に気になるのが、イオンが独自展開する(予定)スマホ決済のイオンペイの動向です。

スマホ決済は基本的に、事前にチャージすることが必要です。

そこで、まだ正式にリリースされていませんが、イオンペイにチャージする方法について予測してみたいと思います。

また、お得なチャージ方法についても考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

【完全予想】イオンペイにチャージする方法

 

イオンペイにチャージする方法については、正式にアナウンスされていませんが、おそらく、以下の4通りだと思います。

 

イオンペイのチャージ方法

・現金(レジでチャージ)

・イオンカード

・イオン銀行

・WAONポイント

 

現金によるチャージ

イオンペイも、既存のイオンの電子マネーであるWAONと同じくレジや専用端末でチャージできると思います。

 

レジでチャージできるのは、流通系ならではのサービスですね。

 

おそらく、現金を投入して(レジの店員に渡して)WAONと同じく端末にスマホを近づいて、チャージする方法となるでしょう。

 

スポンサーリンク

イオンカードによるチャージ

イオンペイは、クレジットカードによるチャージもできると思いますが、イオンペイでチャージできるクレジットカードは、イオンカード限定のような気がします。

 

ちなみに、イオンペイと同じ流通大手のファミリーマートが運営する「ファミペイ」の場合は、ファミマTカードしか、クレジットカードチャージに対応していません。

 

同じように、イオンペイも自社のクレジットカードであるイオンカードしか、クレジットカードのチャージに対応させないでしょう。

 

イオン銀行によるチャージ

イオンペイもイオン銀行からのチャージできると思いますが、一方で、他の銀行は対応させないでしょう。

あくまでも、イオン銀行の顧客として囲い込むためのものでしょう。

よって、銀行残高からチャージしようと思えば、イオン銀行は必携といえます。

 

WAONポイントによるチャージ

WAONと同じように、イオンペイはWAONポイントからチャージできるでしょう。

WAONポイントは、WAONを利用したり、イオンカード、WAONポイントカードなどを使って貯めることができるので、イオンペイにもチャージできると思います。

 

スポンサーリンク

【完全予想】イオンペイでWAONポイントを多重取りする方法は?

 

イオンペイのお得にチャージする方法を予想する前に、現在のWAONにお得にポイントをチャージする方法をみてみます。

 

WAONでWAONポイントを多重取りする方法

以下の方法を使えば、WAONポイントを最も高い還元率である2%の還元を受けることができます。

 

WAONポイントを2%還元受ける方法

・イオン銀行から、イオンカードセレクトにオートチャージする機能を使います。(0.5%還元)

・イオンカードセレクトにチャージしたWAONで支払います。(1%還元)

・支払い時にWAONポイントカードを提示します。(0.5%還元)

 

おそらく、イオンペイも、WAONと同じ多重取りの方法でポイントを貯めることができるでしょう。

 

【完全予想】イオンペイでWAONポイントを多重取りする方法

 

私の予想では、イオンペイ自体の還元額は、WAONと同じように200円につき2ポイントの還元となり、還元率は0.5%となると考えています。

このように考えると、WAONもイオンペイも最大で得られるポイント還元率は、2%でしょう。

よって、イオンペイをお得にWAONポイント多重取りしようと思えば、イオンカードでチャージして、WAONポイントカードを併用する方が得策でしょう。

 

スポンサーリンク

さらにイオンペイをお得にポイント多重取りする方法は?

あまり知られていないのですが、イオンペイとWAONポイントカードを併用しながら、イオンの株主カードも併用すれば、さらにポイントを多重取りできます。

 

 

イオンの株主となることで、イオンの株主カードを手に入れることができて、最低でも3%が後に現金でキャッシュバックされます。

 

株主優待制度 | 株式・債券情報 | 株主・投資家の皆さま |

株主カードのキャッシュバック率

100株から499株:3%
500株から999株:4%
1000株から2999株:5%
3000株以上:7%

 

よって、イオンペイを使う場合は、イオン株主となるとお得に還元を受けることができますね。

 

【まとめ】イオンペイの新規入会キャンペーンに注目

少し前ですが、イオンカードも新規入会者を対象に、決済額の最大20%がキャッシュバックされるお得なキャンペーンを実施しました。

同じようにイオンペイもリリース直後はお得なキャッシュバックキャンペーンをすることが予想されます。

よって、イオンをよく利用されることは、今後もイオンペイの動向には注視しておく櫃ようがありますね。

 

関連記事

なぜイオンペイを導入するのか?背景には「アジアシフト」「デジタルシフト」
ネットをざわつかせているのが、国内大手の流通グループであるイオンが、独自のスマホ決済「イオンペイ」の商標登録をしたというニュースです。 まさかの「イオンペイ(AEON Pay)」登場へ、セブンペイ亡き今最強の小売系スマ...

イオンペイが登場する背景には、イオンの巧みな経営戦略が背景にあります。

 

スポンサーリンク
スマホ決済記事一覧
スポンサーリンク
財テク公務員ブログ