【2021年3月現在】実は高配当!10万円以内で買える地方銀行株ランキング30

スポンサーリンク

地方銀行というと、ぶっちゃけオワコンな印象を抱きがちですが、実は配当利回りが高い銘柄が多いことはご存知でしょうか?

銀行株でもメガバンクと違って値動きも無いので、じっくり投資をしたいという人には、実はおすすめだったりします。

そこで今回は、10万円で買える地方銀行株トップ30をランキング形式で紹介します。

スポンサーリンク

10万円以内で買える地方銀行株ランキング30

 

では、さっそく10万円以内で買える地方銀行株のベスト30を紹介します。

なお、株価については、2021年3月12日の終値を使用しています。

 

順位銀行名現在値予想配当利回
30位豊和銀行638円1.57%
29位伊予銀行683円2.05%
28位中国銀行945円2.33%
27位東邦銀行240円2.50%
26位九州フィナンシャルグループ476円2.52%
25位静岡銀行868円2.53%
24位筑波銀行192円2.60%
23位栃木銀行192円2.60%
22位千葉銀行735円2.72%
21位百五銀行340円2.94%
20位山陰合同銀行540円2.96%
19位高知銀行833円3.00%
18位じもとホールディングス819円3.05%
17位八十二銀行392円3.06%
16位琉球銀行815円3.07%
15位北洋銀行305円3.28%
14位群馬銀行387円3.36%
13位南日本銀行742円3.37%
12位南日本銀行742円3.37%
11位ひろぎんHD696円3.45%
10位山口フィナンシャルグループ734円3.54%
9位コンコルディア・フィナンシャルグループ 456円3.73%
8位四国銀行797円3.76%
7位西日本フィナンシャルホールディングス794円3.78%
6位山梨中央銀行905円3.87%
5位富山第一銀行307円3.91%
2位大東銀行705円4.26%
2位池田泉州ホールディングス176円4.26%
2位めぶきフィナンシャルグループ258円4.26%
1位フィデアホールディングス136円4.41%

 

スポンサーリンク

 

10万円以内で買える地方銀行株で最も配当利回りが高かったのは、金融持ち株会社のフィデアホールディングスでした。

また、偶然ですが、「大東銀行」「池田泉州ホールディングス」「めぶきフィナンシャルグループ」の3企業の配当利回りは同じ4.26%でした。

では、以下ではトップ5の高配当の地方銀行株について、さらに紹介します。

 

10万円以内で買える地方銀行株ベスト5を紹介

 

第5位 富山第一銀行

「富山第一銀行」は富山県富山市の地方銀行である

配当利回りは3.91%であり高い利回りです。

なお、銀行名は富山第一銀行ですが、第二地銀です。

 

富山第一銀行 – Wikipedia

 

2020年通期の自己資本比率は11.75%という水準であり、8%以下が危険水域と言われていますので、安心ですね。

なお、残念ながら株主優待制度は、富山第一銀行はありませんでした。

 

第2位 大東銀行

「大東銀行」は福島県郡山市に本店がある第二地方銀行です。

配当利回りは4.26%であり高い利回りです。

大東銀行 – Wikipedia

 

ネット証券最大手のSBIホールディングスが筆頭株主となったことが話題ともなりましたが、今後の地銀再編に加わる可能性も高い地方銀行です。

大東銀行「寝耳に水」 SBIが株17%取得へ

福島県郡山市が本拠の第二地銀、大東銀行は29日、ネット証券大手のSBIホールディングス(HD)が同社株式の17.14%取得し、筆頭株主になると発表した。筆頭株主の不動産会社から保有株の大半をSBIに譲渡するとの連絡があったという。SBIは同じ第二地銀の福島銀行と資本業務提携したばかりで大東銀には驚きの声が広がった。

 

大東銀行の自己資本比率は10%台を回復しており、リーマンショックと東日本大震災で弱った財務基盤も戻りつつあるようです。

 

【朗報】大東銀行は、株主優待制度があります!

株主優待制度 | 大東銀行

大東銀行に預金がある株主(100株以上)を対象に、預入時の1年もの「スーパー定期」の店頭表示金利+年0.10%となります。

まあ、もともとの定期預金の金利が低いので、そんなにメリットは感じませんが、大東銀行に定期預金がある人は良いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

第2位 池田泉州ホールディングス

池田泉州ホールディングスは「池田泉州銀行」を傘下にもつ、大阪市北区に本社を置く金融持ち株会社です。

配当利回りは、4.26%という好配当です。

 

池田泉州ホールディングス – Wikipedia

 

自己資本比率は、2020年9月末で9.69%と、8%は超えているものの、ちょっと不安が残る水準です。

 

自己資本比率規制関連資料|株主・投資家情報|池田泉州ホールディングス
池田泉州ホールディングスは、池田泉州グループの持株会社です。地域からのご支持No.1を目指しています。

 

【朗報】池田泉州ホールディングスは、株主優待制度があります!

株式情報 株主優待制度のご案内

保有株数と保有年数によって、もらえる株主優待の種類は異なりますが、2,000株以上、3年未満の保有で2,000円相当のカタログギフトがもらえます。

 

 

第2位 めぶきフィナンシャルグループ

「めぶきフィナンシャルグループ」は、「常陽銀行」「足利銀行」を傘下に持ち、栃木県と茨城県はトップのシェアを持ちます。

配当利回りは、4.26%という好配当です。

 

めぶきフィナンシャルグループ – Wikipedia

規模としては、地銀最大手の「コンコルディア・フィナンシャルグループ」と、第二位の「ふくおかフィナンシャルグループ」に次ぐ、業界第三位という存在感です。

 

また、証券会社最大手の野村證券が筆頭株主という特徴もあります。

 

【朗報】めぶきフィナンシャルグループは、株主優待制度があります!

株主優待について|株主・投資家の皆さまへ

1000株以上保有している株主には、2500円相当の茨城県と栃木県の特産品がもらえます。そして、10000株以上では、6000円相当の茨城県と栃木県の特産品がもらえます。

 

第1位 フィデアホールディングス

10万円で買える地方銀行株ランキングで、第一位となったのは、山形県の「荘内銀行」と秋田県の「北都銀行」を傘下にもつ「フィデアホールディングス」でした。

配当利回りは、4.41%という非常に高い利回りでした。

フィデアホールディングス – Wikipedia

 

ただし、自己資本比率は、9.26%という水準であり、ランキング2位の池田泉州ホールディングス同様に、やはり不安が残ります。

なお、フィデアホールディングスは株主優待はありませんでした。

 

 

【参考】10万円以内で買えるメガバンク「三菱UFJフィナンシャルグループ」と比較

ここで参考までに国内三大メガバンクである「三菱UFJフィナンシャル・グループ」「三井住友フィナンシャルグループ」「みずほフィナンシャルグループ」の配当利回りを確認します。

 

銀行名株価配当利回り
三菱UFJフィナンシャル・グループ594円4.2%
三井住友フィナンシャルグループ3,996円4.75%
みずほフィナンシャルグループ1,605円4.67%

このうち、10万円以内で買えるメガバンクは、三菱UFJフィナンシャルグループのみです。

配当利回りについても、第二位のめぶきフィナンシャルグループと同水準ですので。単純に比較すると、ブランド力や規模が圧倒的な三菱UFJフィナンシャルグループもありかなぁという気もしてきます。

ここで、10万円で買える地方銀行株トップ5と三菱UFJフィナンシャルグループの株価を比較します。

 

銀行名株価
三菱UFJフィナンシャルグループ594円
富山第一銀行307円
大東銀行705円
池田泉州ホールディングス176円
めぶきフィナンシャルグループ258円
フィデアホールディングス136円

 

大東銀行のみ株価は上回っていますが、残りの地方銀行の方が株価も低い金額で買うことができます。

なので、少しずつ買い増しをしていこう、予算上あまり買えないという人なら、地方銀行は良いかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

次に、それぞれの予想PBRで比較してみます。

銀行名株価
三菱UFJフィナンシャルグループ0.46倍
富山第一銀行0.21倍
大東銀行0.23倍
池田泉州ホールディングス0.23倍
めぶきフィナンシャルグループ0.31倍
フィデアホールディングス0.23倍

 

そもそも銀行株のPBRは低いのですが、今回の高配当地方銀行トップ5は、三菱UFJフィナンシャルグループよりもさらに低いPBRということで割安だといえます。

 

地方銀行株は、配当利回りだけでなく安定性もチェックしよう

株式投資の醍醐味の一つは、配当金という不労収入を取得することです。

地方銀行株のメリットは、メガバンクのような値動きも少ない一方で、低位株のように気軽に投資ができること、さらに、地元の地方銀行ならば投資を通じて応援することができることです。

しかし、地方銀行はご存知の通り、地方経済の動向に左右されますので、人口減少をしていく地方において、地方銀行株をメインの投資先にするのは、少し危険です。

 

 

今回紹介した、フィデアホールディングスは、自己資本比率の観点からもやはり不安ですし、総合的に考えると、個人的には、地方銀行業界第3位の「めぶきフィナンシャルグループ」に魅力を感じました。

今後、地方銀行も再編の波に飲み込まれるわけですが、うまく利用すれば、配当金だけでなく、株高を狙うチャンスもあるかもしれません。

 

 

高配当投資という観点では、日本たばこ産業(JT)のように、6%台の高い配当利回りの株式もあります。

値動きに左右されずに、配当金を手に入れるというライフスタイルは、やはり良いもんですよね。

 

スポンサーリンク
[PR]ポイントサイトで手堅くポイントを貯めるならハピタスがおすすめ。新規入会だけでもポイントがもらえます!

株式投資
財テク公務員ブログ