生活保護でもメルペイは利用可能!ポイントも貯めても不正受給にならない!

 

いろいろなキャッシュレス決済がありますが、特に人気のあるスマホ決済の一つが、今回紹介する「メルペイ」です。

そんなお得なキャッシュレス決済であるメルペイですが、

 

生活保護を利用してもメルペイは使えるの?

 

という不安を抱えている人もいると思います。

実際にネット上では、生活保護を利用していたらメルペイを利用できないとするデマ情報が散見されますが・・・結論として生活保護でもメルペイは使ってもOKです!

なぜ生活保護でもメルペイが利用可能なのか、ケースワーカーとして解説します。

 

スポンサーリンク

【結論】生活保護利用者もメルペイを使っても大丈夫!

 

メルカリの公式Q&Aサイトである「メルカリボックス」に以下のような質問と回答がありました。

生活保護の受給者なのですが メルペイは

生活保護の受給者なのですが メルペイは大丈夫なのでしょうか?
現金にするのはダメなのは分かりますがキャッシュレス?は別物なのか…?

 

これに対して寄せられた回答というのが、

 

・生活保護の相談員の方に訊いてみてください。

・担当のケースワーカーに聞いた方が明確かと思います。

・それは役所の方に聞かれては?

 

といったものです・・・・うーん・・答えになっていない!!

 

確かに素人が生活保護法に詳しくないのでわからないのは当然ですが、質問の回答としては、ちょっと不親切ですよね(^^;

 

では、生活保護のケースワーカーとしてお答えすると、

生活保護利用者もメルペイは使えます!!

もっと言えば

生活保護利用者もメルペイポイントを貯めて、使うことができます!!

 

スポンサーリンク

生活保護でもメルペイを使っても合法である理由

 

生活保護を利用していてもメルペイを使うことができる法的根拠を示すと、生活保護の根拠ルールを示している「生活保護法」の実施要領において書かれています。

 

問8-29-2 商品券・電子マネー・ポイント等の取扱いについて
(問) キャッシュレス化など商慣習が多様化する中で,現金と同様に使用できる商品券,電子マネー,ポイント等を贈与等されたことを把握した場合は,どのように取り扱うのか。

(答) 現金と同様に使用できるものは現金と同様に取り扱うものである。例えば,他からの仕送りや贈与等の性格を有するものであれば,次官通知第8の3の(2)のイにより社会通念上収入として認定することを適当としないもののほかはすべて収入として認定することが適当である。

なお,商品の購入の際に付与されるポイント等,店舗や企業の割引やサービスの一環としての性格を有するものについては,収入として認定しないこととして差し支えない

 

そもそも現金以外の決済方法がのは普及しつつある中で、スマホ決済を含めたキャッシュレス決済がスタンダードになっています。

全国の福祉事務所も認めており、生活保護だからといってメルペイを含めたキャッシュレス決済を使ってはいけないというのはありえません

 

それにメルペイを利用して獲得したポイントを貯めて使ったとしても、生活保護費を減らされるということはありません。

つまり、メルペイを使った貯まったポイントは、収入認定されません。

あくまでも、メルペイを利用した貯まったポイントは、単なる割引にすぎないので問題ないわけです。

 

【注意】買い物以外で得たポイントは不就労収入として認定される

 

メルペイを買い物を利用して貯まったポイントは問題ないのですが、メルペイの各種キャンペーン(入会キャンペーンや紹介キャンペーンなど)で得たポイントは収入認定されます

とはいえ、すべて収入認定されて生活保護費が減額されるかといえば、そういうわけではありません。

8,000円までの収入については、収入認定されませんので、生活保護費が減額されることはありません。

 

(ア) 地方公共団体又はその長が年末等の時期に支給する金銭(ア又は(3)のエ、ケ、コ若しくはサに該当するものを除く。)については、その額が世帯合算額8,000円(月額)をこえる場合、そのこえる額を収入として認定すること。

 

なので、8,000円以下のポイントを得ても生活保護費が減らされませんので、ご安心ください。

 

生活保護利用者はキャッシュレス決済を使った方がお得

 

メルペイに限らず、キャッシュレス決済は現金と違って、ポイント還元もあるためお得に買い物ができるメリットがあります。

生活保護はあくまでも最低限度の生活を保障しているに過ぎません。

もちろん、生活保護に頼らずに就労収入を得ながら生活できたらよいですが、理由があって就労ができないという人も多いのが実情です。

 

生活保護以外の収入がないならば、支出を減らす工夫が重要です。

 

支出を減らす工夫、つまり節約を通じて自由に使えるお金(可処分所得)を増やす工夫をするわけです。

生活保護を利用することは、決して恥ずかしいことではありません。

むしろ限られた収入の中で、やりくりをする工夫は素晴らしいことです。

 

繰り返しですが、生活保護でもメルペイを利用することはできますので、安心してご利用ください!

 

ちなみに、メルペイを使ってもポイントは貯まりますが、私はポイントサイトを利用してポイントを貯めるようにしています。

 

ポイントサイトは、キャッシュレス決済のように買い物に利用するだけでポイントが簡単に貯まるサービスです。

 

お得なポイントサイトはこちら

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

 

このポイントサイトは生活保護を利用していても収入認定されない案件もありますので、詳しくは下記の記事をご覧ください。

 

関連記事

【生活保護】ポイントサイトで稼いだポイントは収入認定される?ケースワーカーが解説
ポイントサイトは、買い物や無料のクレジットカード等を作成することで、現金等に交換できるポイントを稼ぐことができるウェブサービスです。 ポイントサイト内にある広告から買い物をするだけで、買い物金額の数パーセントがポイント...