【実質無料】Tポイントをネオモバ経由で現金化すると等価交換できるって本当?注意点は?

スポンサーリンク

 

「Tポイントが貯まってるけど、使えるお店が少なくなって不便・・」

 

一時は、ポイント業界の覇者と言われたTポイントですが、Pontaやdポイント、楽天スーパーポイントといった他社のポイントサービスに飲まれて、すっかり利用できる範囲が狭まりつつあるのが現状です。

 

しかし、Tポイントを活用場所が限定されない現金と交換できる方法があるとしたら、興味ありませんか?

 

「それって、ジャパンネット銀行経由でTポイントを現金化する方法?知ってるし、交換手数料高いよ!」

 

違います。もちろん、知らない人もいると思いますので、一般的に知られているジャパンネット銀行経由でTポイントを現金と交換する方法にも触れますが、それはメインテーマではありません。

 

今回のメインテーマは、Tポイントを「等価」で現金と交換する方法です。

 

スポンサーリンク

【定番】「ジャパンネット銀行」経由でTポイントを現金化するのは交換手数料が高すぎ!

 

良く知られているTポイントを現金化する方法は、ジャパンネット銀行経由で交換するという方法です。実際、Yahoo!の公式サイトでも、ジャパンネット銀行のサイトでも紹介されています。

 

参考ページ

Tポイントを現金に交換 – Yahoo! JAPAN

Tポイントの現金交換|ジャパンネット銀行

 

しかし、このジャパンネット銀行経由の現金化は、個人的にはおすすめできません!だって交換手数料が高いんだもの・・・。

 

Tポイントをジャパンネット銀行経由の現金化する場合の手数料等

交換レート:Tポイント100ポイント ⇒ 85円

交換率:85%

交換に必要な時間:2週間

 

2週間も待たされて、しかも100円の価値がある100円分のTポイントが、等価交換ではなく、15%引きされた85円にしかなりません・・。

10,000Tポイントならば、8500円にしかならないという計算です。うーん高い・・

マイナス金利で、銀行利息が0.001%しかつかないご時世に、驚きの15%天引きは悪魔的に高いと思うのは私だけでしょうか??

よって、ジャパンネット銀行経由で交換するのは、交換手数料率が高く、おすすめはできません。どうしても、銀行という安心感が欲しいという方のみ、使うべき方法ですね。

では、どうするか?

【結論】「ネオモバ」を利用すればTポイントを交換手数料を実質0円で現金化できる

前置きが長くなりましたが、結論は、ネオモバ経由でTポイントを現金化すれば、交換手数料が実質タダとなり、Tポイントを等価に現金と交換できます!

 

「ネオモバって何?」

 

ネオモバとは、SBIネオモバイル証券の略称であり、業界初のTポイントで株式投資が少額でできるサービスのことです。

 

SBIネオモバイル証券

 

「いやいや、株式投資なんてしたくないし、Tポイントを現金化する方法と関係ないやん!」

 

いきなりの話で疑問に思うのはごもっともです。

とはいえ、ネオモバを経由することで、ジャパンネット銀行と比べるどころか、実質無料でTポイントを現金化することができるのです!

 

重要なことは、ネオモバをどのように活用するか?という点です。

 

「ネオモバ」でTポイントを実質無料で現金化する方法

ネオモバが普通の株式投資サービスと圧倒的に異なるのが、日本で初めてTポイントで株式が買えるということです。

 

 

しかも、Tポイントが1ポイント1円として利用できて、1円から利用可能なのです!(ここも重要)

 

株式投資=お金持ちがすること=高額なお金(ポイント)が必要という偏見があると思いますが、ネオモバであれば1円単位(1ポイント単位)で株が買えるのです。

 

ネオモバの手数料を実質0円にすることができる

 

「でも株式投資ってことは、高い手数料がかかるんじゃないの?」

 

ネオモバの他社にはない利点が、ネオモバの手数料は取引ごとではなく、毎月「定額」料金でサービス利用料が発生するという点です。

 

 

つまり、ネオモバの場合ならば、50万円までの投資であれば、毎月200円のみのサービス利用料でOKなのです!

 

「いやいや、毎月株式投資なんてしない人にとっては、毎月無駄な手数料が発生してるじゃん!」

 

実は、実質無料という言い方をした理由がありまして、確かに毎月200円のサービス利用料が必ず発生しますが、その代わり、毎月200円分のTポイントがもらえるのです。

 

200円-200分のTポイント=実質0円!

 

ただし、毎月50万円を超えて、もっと株式投資をする場合は、1,000円以上のサービス利用料が発生するので、注意が必要です。

とはいえ、このページを見ている大半の方は、50万円以上も株式投資をしないと思うので、心配する必要はありませんね

 

 

 

ここまでのまとめ

・ネオモバは利用料金が、毎月定額の株式投資サービス

・最低でも毎月200円のサービス利用料が発生するけど、毎月200円のTポイントがもらえるので、サービス利用料は実質0円(月間の株式約定代金が50万円まで)

 

【重要】ネオモバは、Tポイントで株を買って、すぐに買った金額で株を売れば等価で現金になる

重要な点ですが、ネオモバはTポイントで株が買えますが、株を売った場合の受け取りは現金のみとなっています。

 

 

なので、Tポイントを増やしたいと思う人は、絶対にネオモバでTポイント投資をしてはいけません。すべて現金になってしまいます。

一方で、Tポイントを現金化したいという人には、このネオモバの仕組みは朗報ですね。

 

つまり、ネオモバでTポイントで株を買ったら、価格が下がる前に、買った金額ですぐに売ってしまえばいいのです。

値が動く前に買った金額ですぐに売れば、損をするリスクを抑えることができますね。

 

ネオモバで現金化するならどんな株を買えばいいの?

 

ずばり、値動きが少なくて、株価が低い株です。業界用語でいうところの低位株はネオモバでTポイントを現金化するならおすすめの株です。

 

Tポイントの現金化に向いている株(例)

・みずほフィナンシャルグループ(1株:150円)

・ヤフー(1株:261円)

・アコム(1株:366円)

 

Tポイントの現金化をシミュレーションしてみる。

例えば、ネオモバで、みずほフィナンシャルグループの株を株価が150円の時に、10株分、つまり1,500円分のTポイントで買います。

そして、買った直後にすぐに株価が150円の時に、10株売れば、1,500円が手元に戻ります。

もちろんサービス利用料は月額200円だけであり、その分200円分のTポイントが手に入っていますので、利用料無し、Tポイントが等価交換できた、というわけです。

 

 

ここまでのまとめ

・ネオモバでTポイントで株を買って、すぐに売れば買った等価で現金化できる。

・現金化するなら、値動きが少なくて株価が低い「低位株」を買え!

 

ネオモバでTポイント現金化する際の注意点は?

ネオモバのサービス利用料にTポイントは使えない

ネオモバはTポイントで株式投資ができるサービスですが、一方で毎月最低でも200円かかるサービス利用料にTポイントは充当できません。

ネオモバのサービス利用料の支払いには、クレジットカードが必要となりますので、注意が必要です。

 

Yahoo!ショッピングやロハコの期間限定Tポイントは使えない

ネオモバで使えるTポイントはあくまでも、期間が固定されていないTポイントのみとなっております。

よって、Yahoo!ショッピングやロハコなどで貯まった期間固定Tポイントはネオモバで使えませんのでご注意ください。

なお、ネオモバから付与される期間固定Tポイントは使えるようです!

 

出金できるのは株を売却してから3営業日後

売却代金は、約定日から数えて3営業日目の受渡日に総合取引口座に入金されます。

そのため、原則約定日当日15:30以降に出金手続きが可能です

 

株を普段からしている人は常識ですが、わからない人も多いので掲載しておきます。よって、すぐに株を売っても、すぐに口座からは出金できないので注意が必要です。

 

ネオモバの出金手数料も無料

今回はあくまでもTポイントの現金化がメインなので、現金の入金が無いものの、現金化した場合は出金する必要があります。

ご安心ください。ネオモバは出金手数料は無料です。

出金先口座へのご出金は、振込手数料無料でご利用いただけます。

 

【まとめ】ネオモバは株式投資だけでなくTポイント現金化でも有利なツール

ネオモバはTポイントで手軽に株式投資が始められて、しかも格安の手数料という非常に注目の株式投資サービスです。

しかし、使い方によってはTポイントを現金化するには便利なツールであることもわかりました。

是非とも、私としてはネオモバをTポイント現金化装置としてだけでなく、現金化したら株式投資にも本格的に挑戦してもらいたいですね。