【超お得!】JCBカードと紐づけたQUICPay利用で20%還元!還元率が最高のJCBクレカは?

スポンサーリンク

JCBカードをQUICPayを使って払うことで、支払った額の20%が還元されるキャンペーンが始まりました。

キャンペーン名は、「JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン」です。つまり、1万円買い物すれば、2000円がキャッシュバックされるわけなので、超お得です!

 

「QUICPayなんて使ったことないよ」

「おすすめのJCBカードは?」

 

実は私もQUICPayを使ったことがありませんでした。しかし、QUICPayを使ってみるとわかりますが、ペイペイと同じぐらい簡単です!

今回はJCBカードをQUICPay払いで20%キャッシュバックを受ける方法を教えます

 

本記事のトピック

・JCBカードをQUICPay利用で20%還元キャンペーンの内容は?
・QUICPayを使って20%還元を受ける方法は?
・還元率が最高のJCBクレカは?

スポンサーリンク

「JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン」の内容は?

 

キャンペーンのポイント

・「QUICPay加盟店」で、JCBカードと紐づけた「apple pay」もしくは「Google pay」で支払うと20%キャッシュバックを受けられる。

令和元年8月16日から令和元年12月15日までの期間限定

・キャッシュバック最高額は1万円

 

キャッシュバックの最高額である1万円をもらおうと思えば、5万円を使う必要がありますね。

でも、普段は現金やクレジットカードで払っている人も、QUICPay加盟店であれば、すべて「apple pay」もしくは「Google pay」で払うだけで案外クリアできそうです。

キャッシュバック適用期間が、8月16日から12月15日の4カ月間で5万円を使えばいいのですから、1カ月あたり12,000円使うぐらいですね。買い物や大型家電を買えば簡単にキャッシュバックをMAXゲットできそうです!

 

【重要】事前にキャンペーンのエントリーが必要

「JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン」は、事前にキャンペーンのエントリーが必要です。
My JCBにログインして、「JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン」を選択します。
「キャンペーンに参加」ボタンをクリックすれば、エントリー完了です。
非常にエントリーは簡単ですが、これを忘れると20%還元が受けられないので注意が必要です。
スポンサーリンク

20%還元だけでなく、クレカのポイントも2重取り!

ちなみにQUICPayで支払うことで、20%のキャッシュバックとは別に、紐づけたJCBクレカのポイントも別にもらうことができます

例えば、「apple pay」もしくは「Google pay」にJCBカードの一つであるリクルートカードを紐づけると、キャンペーンの20%還元に加えて、リクルートカードの1.2%もゲットできます。

つまり、合計で21.2%もお得になるということです!

 

なので、クレジットカード払いのみという人も、キャンペーン期間中はQUICPayと組み合わせた方が断然お得ですね。

20%還元はいつもらえるの?

「JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン」のキャッシュバックは令和2年の3月分の支払い分から差し引かれます

また、令和2年の3月に全くの支払いが無い場合や、キャッシュバック金額以下の支払いだった場合は、登録の口座に現金が振り込まれます!

 

20%還元が受けられる「QUICPay加盟店」はどこ?

まず、結論ですが、20%還元を受けられるQUICPay加盟店は、結構あります

詳しくはQUICPayの公式サイトを見てほしいですが、コンビニはほぼ全てQUICPayが使えますし、スーパーや飲食店、家電量販店もQUICPayが使えます。

 

QUICPayの使えるお店|QUICPay – QUICPay(クイックペイ)

 

なので、効率よくQUICPayのキャッシュバックをMAXもらおうと思えば、QUICPay加盟店を中心に買い物すれば、簡単に達成できますね!

 

スポンサーリンク

 

【注意】おサイフケータイ機能が使えない機種はキャンペーン利用不可

 

そうなんです。iPhone7以降のiPhoneはおサイフケータイ機能がついていますが、android機種はおサイフケータイがついていないスマホも多いです。

なので、せっかくのお得な20%還元キャンペーンですが、おサイフケータイがついていないとエントリーもできないので残念です。

なお、おサイフケータイ機能がついているandroidスマホでは、下記の商品が値段もお手頃でおすすめです。

 

 

 

[関連記事]

国産スマホでおサイフケータイ機能がついているスマホについては、下記の記事で機能面も含めて紹介しています。

【3万円以下】QUICPayが使えるおサイフケータイ機能付のSIMフリー国産スマホ
前回の記事で、QUICPayを利用することで、支払金額の20%が還元されるというお得なキャンペーンを紹介しました。 しかし、QUICPayを使えないスマホは、キャンペーンに参加することができない...

 

Apple PayとGoogle Payの設定方法は?

Apple Payの設定方法は?

まずは、iPhoneに最初からインストールされている「Wallet」アプリをタップして起動します。

 

右上の「+」マークをタップします。

 

カードの種類を「クレジットカード」をタップします。

 

「カードを追加」をタップして、追加したいJCBカードをカメラで読み込んでください。(カメラで読み込めない部分は手入力をしてください)

 

規約を確認して「同意する」をタップします。カード商人画面で「SMS」をタップして、次へ進んで、SMSで送られてきたコード(番号)を入力して完了です。

 

Google Payの設定方法は?

Google playから「Google pay」をインストールします。

 

インストールしたGoogle playをタップし、起動させます。
次に画面の「使ってみる」をタップします。

 

「クレジット/デビット/プリペイド」をタップします。

 
追加したいカード情報を読み込むか、カード情報やセキュリティコードを入力します。
画面の指示に従って、最後にメール、SMS、電話のいずれかで本人確認をして終了です。
スポンサーリンク

QUICPayとJCBの組合せで還元率が最高のJCBクレカは?

本当にお得な組合せはQUICPayとリクルートカードプラスだけど

QUICPayとJCBで最も還元率が高いJCBクレジットカードは、ダントツで「リクルートカードプラス」です

というのも、リクルートカードプラスの還元率は2%なのです。普通のリクルートカードが1.2%なのですから。
年会費は2,000円はかかるものの、年10万円以上使うのであればペイします。
とはいえ、残念ながらリクルートカードプラスは現在新規募集を終了しており、もはや手に入ることのできないレアなクレジットカードとなってしまいました。。。

現状ではQUICPayとリクルートカードJCBが最高

リクルートカードプラスが新規申し込みができない以上は、リクルートカードがQUICPayとの組み合わせが最高のJCBカードです。
還元率は、1.2%です。
楽天カードやYahoo!カードが還元率1%に対して、0.2%もお得です。もちろん、リクルートカードは年会費は無料です。
リクルートカードで貯まったポイントは、Pontaポイントに交換することができます。簡単にポイントが貯まるので、私も意識していませんが、4万ポイント以上のPontaポイントが貯まりました。
なので、20%還元キャンペーンとは別にしても、そもそもリクルートカードはポイントが貯まりやすいわけですね。
▼下記のリンクからリクルートカードを申し込みできます。

【まとめ】JCBカードを持っている人は、20%還元キャンペーンをゲットしよう!

今回はJCBカードと「apple pay」もしくは「Google pay」を紐づけることで、20%還元のキャッシュバックが受けられるキャンペーンについて紹介しました。
私はQUICPayを使ったことがありませんでしたが、非常にお得なのでQUICPayを最近は使っています。
いろんなペイが多くて戸惑うかもしれませんが、柔軟にお得なペイのキャッシュバックをゲットしましょう!
スポンサーリンク
スマホ決済記事一覧
スポンサーリンク
財テク公務員ブログ