【高速バス】発車オーライネットで予約を変更する方法は?連絡先は?予約変更できない場合もある!

スポンサーリンク

 

私は高速バスをよく利用しているんですが、その際は、高速バスの予約サイト「発車オーライネット」を使っています。

 

しかし時々、飛行機が遅延してしまったために、高速バスの乗車時間に間に合わない場合があり、非常に困った経験をしました。

 

そこで、今回は「発車オーライネット」でバス予約を変更する方法を解説します。

 

※注意事項

(乗車券が紙チケットの方へ)

※バスの乗車券が紙チケットの場合は、発車オーライネットでは予約変更ができませんので、至急、お近くのバス乗車券の発券窓口に行って、再発行の手続きをして下さい。

 

(乗車券が携帯メールの方へ)

※時間に余裕がなく、緊急で予約変更をする必要がある方は、本記事の「電話で予約変更する場合の4つのやるべきこと」からご覧ください。

 

スポンサーリンク

発車オーライネットで予約する時の注意点

 

発車オーライネットは、高速バスの予約を在宅でできる便利なサイトですが、微妙に使いづらいところがあります。

 

▼発車オーライネット公式サイト

高速バス・夜行/深夜バスの予約なら、【発車オーライネット】 - 発車オ~ライネット
東京、大阪、名古屋発着をはじめ、全国400路線以上から選べる高速バス・夜行バスの予約サイト【発車オ~ライネット】。ディズニーやUSJ、空港バス、観光コース等プランも充実!コンビニ発券・クレジット決済、モバイルチケットでバス予約がとても簡単!

 

詳しくは後述しますが、支払い方法として「コンビニ払い」を選択していたら、発車オーライネットで予約変更ができず、わざわざ窓口まで行かないといけないという問題があります。

 

乗車券が紙チケット方式の場合、予約変更が不可能

 

バスの乗車券を窓口やコンビニで、紙チケット方式で発券される方もいると思いますが、まず最初に申し上げると、紙チケットの場合、予約変更画面くさいです。

 

というのも、紙チケット方式で変更した場合は、新しいチケットを再発行してもらう必要がありますが、発車オーライネットは紙チケットの再発行に対応していないからです!

 

よくある質問 – 発車オ~ライネット – 発車オーライネット

コンビニ・各代理店・バス会社窓口などで発券済みのご予約は発車オーライネットでは一切変更ができません。乗車券に記載のあるご連絡先にてご相談ください。

 

なので、紙チケットによほどのこだわりが無い方は、紙チケットで乗車券を受け取るのはやめましょう。

 

クレジットカード払い以外の場合、予約変更が不可能

 

紙チケット方式をされている方は、ほぼ間違いなくコンビニ払い(現金払い)をされていると思いますが、それもおすすめできません。

 

というのは、クレジットカード払い以外の、コンビニ払いなどをしてしまうと、予約変更が発車オーライネットでは対応していないからです。

 

よくある質問 – 発車オ~ライネット – 発車オーライネット

発券済みのご予約は、発車オーライネットでクレジットカード決済」をされた場合のみ発車オーライネットで下記の変更が可能です。

 

よって、変更することはもちろん、払い戻しもクレジットカード払い以外は対応していません。

 

もしも、クレジットカード払い以外を選択した場合、予約変更するならば、バスの発券窓口に行く必要があります。

 

なので、現金払いにこだわりが無い場合は、クレジットカード払いを選択しましょう。

 

「直前」の予約変更はネット上ではできない

 

発車オーライネットは、クレジットカード払いであれば、事前に予約の変更をネット上で可能なので、あらかじめ遅延することがわかっていれば余裕を持って変更することができます。

 

しかし、飛行機の整備不良や天候不順といった急な遅延のように、ギリギリのタイミングによる、ネット上での予約変更はできません。

 

なので、急を要する予約変更の場合は、速やかに乗車するバスの運営会社に電話連絡をする必要があります

 

そこで、以下では電話連絡で予約変更する方法を解説します。

 

電話で予約変更する場合の4つのやるべきこと

 

やるべきこと① バス会社の連絡先を調べる

 

高速バスの予約変更する連絡先は、バス会社各社で異なります。まず始めに、発車オーライネットのマイページにアクセスします。

 

 

「ご予約一覧」の中にある該当する乗車予定のバスを選択します。

 

次に表示された画面の中で、「詳細確認」を選択します。

 

 

表示されたページの下部分に、バス会社のお問い合わせ先があります

 

やるべきこと② バス会社に予約変更の電話をする

 

先ほど確認したバス会社に連絡するまえに、あらかじめ、自分の予約番号を確認しておきます。

 

予約番号は、先ほどのマイページにあるご予約一覧に表示されています

 

この予約番号をバス会社のオペレーターに伝えるとスムーズに予約変更ができます。

 

いざオペレーターにつながったら、自分が遅延に巻き込まれている事情と予約したい旨を伝えたうえで、先ほど確認した予約番号を伝えます

 

その上で、オペレーターがシステム上で空席の確認を行いますので、ご自身に都合の良い時間帯のバスをオペレーターに伝えます。

 

変更を受けたオペレーターが、システム上で予約変更を行いますので、完了したら電話は終了です。

 

やるべきこと③ 決済メールを再送する

 

ご予約一覧にアクセスして、「決済メール再送」を選択して、決済メールを再送します。

 

 

この再送された決済メールに、予約変更後の内容が記載されているので、ちゃんとメールが届いたのか、ご自身のメールボックスを確認しましょう。

 

やるべきこと④ バスの運転手に予約変更した旨を伝える

 

ここまできたら、ほぼ予約変更は完了しているのですが、残る問題があります。それは、バスの運転手に予約変更したことを伝えることです。

 

「えっ?予約変更したのに、わざわざ伝えないといけないの?」と思われた方、そうなんです。

 

確かに発車オーライネットのシステム上は、予約変更処理は完了しているのですが、その変更した旨は、バスの運転手にリアルタイムで伝わっていないのです。

 

ここ重要ですから、もう一度言いますね。発車オーライネットの予約変更情報は、現場のバス運転手と共有されていません!

 

というのは、バスの運転手は基本的に紙ベースで乗車確認をします。しかし、それはあくまで、予約変更前の情報なので、最新の予約変更が反映されていないのです。

 

なので、バスの運転手が持っている紙ベースの乗車リストに名前が無いため、運転手から「お名前が見当たりませんが、、」と言われてしまうリスクがあります。

 

ここまで、私が書くのも、実体験として何度もあったからです。これはバス会社の連絡体制の問題でもあるのですが、まあ、文句を言っても仕方ありません。

 

対策としては、先ほど再送した決済メールの画面をバスの運転手に見せて、予約変更した旨を伝えます。ほとんどの運転手は理解しますので、やっと安心して変更後のバスに乗ることができます。

 

発車オーライネットは、便利なバス予約サイトですが、どうしても不便なところ、非効率なところがありますので、この度記事にさせて頂きました。