【組合特権?】自己負担ゼロでマイルが貯まる組合出張がお得過ぎる件

 

私は、公務員の労働組合の役員をしていますが、時々、組合の集会や動員として、県外に出張することがあります。

このような組合が動員で行う出張を「組合出張」といいます。

 

労働組合の動員って面倒くさい・・・

と思っている人も多いですが、組合出張は面倒くさいどころか、非常においしい特典なのです。

というのは、組合出張にかかる旅費は全額、組合負担の自己負担ゼロなのです。

 

しかも!組合出張に関する旅費で生まれたマイルはすべて、自分でもらうことができます

いってみれば、「合法的に」組合費を間接的に横領できるわけです。

そこで、今回は公務員なら一度は参加してほしい、組合出張とマイルの世界を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

そもそも組合出張って何?

 

公務員の労働組合の活動目的は、つまるところ「公務員労働者の処遇改善」に尽きます。

そのため、組合は、役所の当局(人事課と総務部長)を相手に組合交渉を行い、賃金交渉や人員交渉を行います。

これらが、いわゆる組合の本業ですが、それ以外にも組合活動が存在します

 

それが、今回紹介する「組合出張」です。

この組合出張はいくつか分類できますが、大きく分けると「研修系出張」と「活動系出張」に分類できます。

 

スポンサーリンク

【組合出張その1】研修系出張とは?

 

まず、組合出張の一つである「研修系出張」の目的は、組合員の資質向上のためです。

たとえば、研修の中で、公務員の給与・人事制度(人事院勧告、定数の決まり方)といった基本的学習会から、各職場課題の議論(保育士の待遇改善、メンタルヘルス対策等)します。

いってみれば、組合の役員のスキルを高めるためです。

 

例えば、私の所属する組合は自治労ですので、自治労をベースに書くと、研修系出張で大きなものが「自治研集会」です。

自治研集会は各都道府県が持ち回りで行われる自治労最大の研修大会です。

全国から自治労の組合員が一同に集まるわけですから、その規模の大きさがわかると思います。神戸で行われた際は、2,000人が集まりました。

 

自治労北海道|自治体労働者と公共サービスを担う民間労働者が結集する労働組合
自治労北海道は、自治体労働者と公共サービスを担う民間労働者が結集する労働組合です。

 

私も何度か出席しましたが、勉強好きにはたまらないですね。

各分科会では、そのテーマを話しあうので、非常に学びも多く、あとで職場に持ち帰ることができるので有意義だと思います。

一方で、研修会場から抜け出して、遊びに行く不届き者も存在します。大きい会場なので、抜け出して観光旅行している職員もいました。

それでも、朝から晩まで勉強して、夜はフリータイムで、大ホールを借りて懇親会(飲み会)を開催して、地元のおいしい食事を楽しめるます。(もちろん組合費負担で自己負担ゼロです)

この研修系出張が文化系出張とするならば、次紹介する活動系出張は体育会系です。

スポンサーリンク

【組合出張その2】活動系出張とは?

 

この活動系出張が、割と数が多い気がします。というのは、活動系出張で多いのが、沖縄基地反対運動関係ですね。

よく沖縄基地反対運動をしている映像が流れたときに、いろんな団体の登り旗が見えると思います。

 

沖縄基地反対デモ行進をするときは、沖縄県だけではなく、北は北海道、東京、大阪、つまり全国の組合員が動員して集まるんですね。

そして、一定の時間、シュプレヒコールを上げながらデモ行進をするんですね。これが活動系出張というものです。

この出張は、デモ行進中は炎天下の中を練り歩くこともあり、体力的には消耗しますが、その時間だけを我慢すれば、あとはフリータイムということも多いのも特徴です。

つまり、2日出張があれば、1日は辺野古基地でデモ行進、2日は沖縄視察という名目で観光旅行ができるわけです。

 

スポンサーリンク

【まとめ】組合出張のチャンスがあれば自己負担0でザクザクとマイルが貯まる

このように、組合出張は、組合費から支出されるので、自己負担ゼロで県外に行けます。

渡航費、宿泊費、また幾何かのお小遣い(行動費)ももらえます。すべて組合費負担です。

 

公務員が公費で出張に行く場合は、基本的に違法ではないのですが、やはり公費で行っているということで、その公費出張でマイルを貯めることに後ろめたいという気持ちを抱く人がいるようです。

 

関連記事

公務員が公費でマイルを貯めるのは合法!国と地方自治体の見解をまとめました
そもそもですが、公務員が公費出張でマイルを貯めるのがそんなに悪いことなんでしょうか? もちろん、公費出張は税金ではありますが、それを直接的に横領したわけでもないのに、まるで業務上横領のように騒ぐ人がいます。 ...

 

一方で、公費ではなく、組合費で出張に行ってマイルを貯めることを禁止するルールはありません

それゆえ、組合の専従職員は年に数十回出張することもあるので、マイルが貯まってしょうがないという話も聞きました。

それぐらい、マイルが貯まりやすいのが組合出張の魅力です。

 

とはいえ、この組合出張の予算はすべて、公務員の組合員が毎月払っている組合費です。なので、無駄遣いは決して許されません。

しかし、このような組合出張を使ってマイルを貯める手段があるということを、今回紹介させていただきました。

 

関連記事

地方公務員が労働組合に入るメリットとデメリットは?現役組合員が解説
地方公務員になったら、役所によっては温度差があると思いますが、たいがいは労働組合のオルグ(勧誘)があると思います。 私の役所でも、労働組合のオルグは頻繁に行われました。 対象は、基本的に新規採用職員であり、すべての職場を...

労働組合はメリットが多く、使いこなせば役所人生が楽になりますよ。

 

関連記事

もう有料で飛行機乗るのは止めよう!ANAマイルを無料で手に入れる方法を公開します
ブログのタイトルにある「ANAマイルを無料で手に入れる方法」というのは、情報商材として有料で販売されていたりしますが、私自身購入したことがないのでわからないので何ともいえませんが、私は無料で公開します。 非常に簡単で、...

組合出張なんてしなくても、マイルをザクザク貯める方法はあります。