ハピタス運営のオズビジョンが仮想通貨ビジネスに参入する可能性は?セレスとGMOの先行事例から考えてみる

オズビジョンという会社名は知らなくても、ポイントサイトのハピタスならば、聞いたことがあるのではないでしょうか。

それこそ、最近もコインチェックCMで何かと話題になった出川哲朗さんが出演していたCMが話題となりました。

そんなオズビジョンも含めて、ポイントサイトと仮想通貨の連携が進んでおり、ポイントの交換先として、ビットコインもできるポイントサイトも増えてきました。

今回は、ハピタス運営のオズビジョンが仮想通貨ビジネスに参入する可能性を考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
広告

仮想通貨ビジネスに参入した大手ポイントサイト企業

ポイントサイトは国内に数多く存在しており、運営企業も様々です。そんなポイントサイト運営企業においては、珍しい東京証券取引所に上場している企業は、ポイントタウンを運営しているGMOや、モッピーを運営しているセレスでしょう。

モッピーを運営するセレスの売上高は51億円であり、ポイントタウン運営のGMOメディアは、年商47億円です。

モッピーの会員数は、決算資料によると304万人に対して、ポイントタウンは207万人です。(※なお、モッピーを運営しているセレスは、モッピー以外に「モバトク」「お財布.com」の会員数を含めています。)

この2社は、ポイントサイトを事業の中核にしており、東証に上場していることから、ブランド力は抜群です。この2社は、それぞれ仮想通貨ビジネスに参入しております。

セレスの場合は、仮想通貨ビジネスを行う子会社を設立し、仮想通貨交換取引所である「ビットバンク」を仮想通貨登録事業者として登録しています。

また、GMOグループは、仮想通貨専門子会社であるGMOコインを設立しました。これもあって、ポイントタウンのポイント交換先として、ビットコインが増加しています。背景には、もちろん、仮想通貨への関心が広がっていることがありますね。

ハピタス運営のオズビジョンが仮想通貨ビジネスに参入する可能性は?

現在のところ、ハピタスが仮想通貨取引所を開設するといった情報はないですし、ポイントの交換先としては、モッピーやポイントタウンのように、ビットコインがありません。

モッピーならば、ビットフライヤーと交換できます。(コインチェックはおすすめしません)

ポイントタウンならば、ビットフライヤーが交換先としてビットコインと交換できます。

大手ポイントサイトのポイント交換先として、仮想通貨が今後交換先の一つとして、主流となっていくので、ハピタスも交換先として登録されることも時間の問題です。

ポイントサイトと仮想通貨ビジネスの親和性は抜群

それにポイントサイトの「ポイント」と「仮想通貨」も極めてバーチャルであり、実態のないものですので、似たようなものといえます。

それゆえ、ポイントサイト企業が仮想通貨ビジネスに参入するのは、その親和性の高さから当然といえるでしょう。

現在、オズビジョンが運営するポイントサイトハピタスは、そのポイント還元率の高さから、会員数を伸ばしつつあり、いずれオズビジョンも上場するのではないかと考えております。

現在、ハピタスが仮想通貨と関係があるのは、ポイント交換先として仮想通貨取引所が登録されており、ハピタス経由で登録すれば、ポイントが得られます。

例えば、【GMOコイン】をハピタス経由で口座を開設すれば、ポイントを得ることができます。そのポイントは現金とも交換できるので、仮想通貨投資の元手に当てることもできます。

高還元ポイントサイト「ハピタス」

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ただ、ハピタスはまだ仮想通貨と交換することができないので、直接仮想通貨と交換したいとならば、ポイントタウンモッピーに会員登録することをおすすめします。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする