公務員限定の最強フリーローン!共済貸付の金利は1.26%!しかも無担保

公務員は給与面こそ、いまいちなのですが、福利厚生制度は大企業にも負けないレベルがあると思いますが、今回さらに充実することになりました。

タイトルの通りですが、公務員限定で使える共済貸付の貸出利率が、1.26%になったのです。以前までの貸付利率は、2.66%程度だったのですが、平成30年1月1日付で、1%以上低下したのです!

今回は、そんな公務員限定の最強フリーローンである、共済貸付について紹介します。

スポンサーリンク
広告

共済貸付制度とは

共済貸付とは、公務員が加入している共済組合が、自動車や家電といったまとまったお金が必要な物品を購入するときに利用できる融資制度です。

共済貸付は、地方公務員であれば都道府県単位の共済組合が貸出先となっており、各市町村の人事課(もしくは総務課)が、受付窓口になっていると思います。

この共済貸付制度の魅力は、担保不要、保証人が不要、ということです。公務員という身分であれば、無担保無保証人でお金を借りることができるところが、この共済貸付の魅力です。

加えて、共済貸付の利率が、冒頭で紹介したように、1.26%なのです。なお、貸付額は、給与月額の6倍の範囲内、もしくは200万円までということになっています。

共済貸付のメリット

共済貸付のメリットとして、前述のとおり、無担保無保証人であるほかに、信用調査をされないということです。一般的に金融機関から借り入れをする場合は、借り入れ状況などの信用調査がされますが、共済貸付はそれがありません。

それゆえ、一般的な金融機関に比べて所定の手続きと書類があれば、誰でも借りることができます。

共済貸付の種類は12種類

共済貸付は、借りる内容によって12種類に分けられます。それぞれ、貸付金利も異なります。

(1)普通貸付

家電や自動車といった高額な物品を購入するときに使える貸付制度です。

貸付事由:組合員が臨時に資金を必要とするとき。
貸付額:給料月額の6倍の範囲内(限度額200万円)
弁済期間:120月以内
貸付金利率:年1.26%

(2)住宅貸付

住宅を新築もしくはリフォームするときに使える貸付制度です。

貸付事由:組合員期間1年以上の組合員が、自己の居住の用に供するための住宅を新築し、増築し、改築し、修理し若しくは購入し又は住宅の敷地を取得(借地権の取得を含む。)するため臨時に資金を必要とするとき。

貸付額:組合員期間(勤続年数)によって異なるが、最高1100万円
弁済期間:360月以内
貸付金利率:年1.26%

(3)一般災害貸付

貸付事由:組合員が、組合員又はその被扶養者の水震火災その他の災害による損害又は盗難等による損害を受け臨時に資金を必要とするとき。
貸付額:給料月額の6倍の範囲内(限度額200万円)
弁済期間:120月以内
貸付金利率:年0.93%

(4)住宅災害新規貸付

貸付事由:組合員が、自己の住宅又は住宅の敷地に係る水震火災その他の災害による損害(その損害の程度が住宅若しくは住宅の敷地の5分の1以上又はこれと同程度の損害)を受け臨時に資金を必要とするとき。

貸付額:組合員期間(勤続年数)によって異なるが、最高1100万円
弁済期間:360月以内
貸付金利率:年0.93%

(5)住宅災害再貸付

貸付事由:現に住宅貸付又は住宅災害新規貸付を受けている組合員が、自己の居住する住宅又は住宅の敷地に係る水震火災その他の災害による損害(その損害の程度が住宅若しくは住宅の敷地の5分の1以上又はこれと同程度の損害)を受け臨時に資金を必要とするとき。

貸付額:組合員期間(勤続年数)によって異なるが、最高1100万円
弁済期間:360月以内
貸付金利率:年0.93%

(6)医療貸付

貸付事由:組合員が、組合員又はその被扶養者の療養により資金を必要とするとき。
貸付額:一つの貸付事由毎に給料月額の6倍の範囲内(限度額100万円)
弁済期間:120月以内
貸付金利率:年1.26%

(7)入学貸付

貸付事由:組合員が、組合員又はその被扶養者の進学により資金を必要とするとき。
貸付額:一つの貸付事由毎に給料月額の6倍の範囲内(限度額200万円)
弁済期間:120月以内
貸付金利率:年1.26%

(8)修学貸付

貸付事由:組合員が、組合員又はその被扶養者の修学により資金を必要とするとき。
貸付額:修業年限を限度として1月につき15万円の範囲内
弁済期間:150月以内
貸付金利率:年1.26%

(9)結婚貸付

貸付事由:組合員が、組合員、その被扶養者又は被扶養者でない子、孫若しくは兄弟姉妹の婚姻により資金を必要とするとき。
貸付額:一つの貸付事由毎に給料月額の6倍の範囲内(限度額200万円)
弁済期間:120月以内
貸付金利率:年1.26%

(10)高額医療貸付

貸付事由:組合員(任意継続組合員を含む。)及びその被扶養者が、高額療養費の支給の対象となる療養に係る支払いのために臨時に資金を必要とするとき。
貸付額:高額療養費相当額の範囲内
弁済期間:高額療養費が支給されるとき。
貸付金利率:無利息

(11)出産貸付

貸付事由:組合員(任意継続組合員を含む。)及びその被扶養者が、出産費等の支給の対象となる出産により臨時に資金を必要とするとき。
貸付額:出産費等相当額の範囲内
弁済期間:出産費等が支給されるとき。
貸付金利率:無利息

(12)葬祭貸付

貸付事由:組合員が、被扶養者又は被扶養者でない配偶者、子、父母、兄弟姉妹若しくは配偶者の父母の葬祭により資金を必要とするとき。
貸付額:一つの貸付事由毎に給料月額の6倍の範囲内(限度額200万円)
弁済期間:120月以内
貸付金利率:年1.26%

共済貸付を利用するために必要なもの

共済貸付(普通貸付)を利用するためには、所定の「申込用紙」「誓約書」のほかに、「印鑑証明」「見積書」が必要となります。

普通貸付を利用するためには、購入を予定しているお店で見積書を入手しておく必要があります。その際は、見積書の有効期限には注意してください。

共済貸付のデメリットは、職場に知られること

このように、非常に利息や条件も有利な共済貸付なのですが、唯一のめんどくさいところが、上司(所属長)のハンコが必要なところです。

特別、許可というわけではないのですが、やはり上司に知られるのは、ちょっと抵抗ある人もいますよね。また、当然ながら、人事課の職員にも知られてしまいます。なので、全く秘密というわけにはいきません。

その場合は、少額程度であれば、カードローンの利用も考えてもいいかもしれません。ただ、やっぱり、利息を払うのはちょっともったいないですよね。

そこで、利息分を取り返すということで、ポイントサイト経由で申し込みのはどうでしょうか。たとえば、ポイントサイトハピタス経由であれば、現金と交換できるポイントを得られるので、実質無金利でお金を借りることができます。

ポイントサイトは、広告主から受けた広告料をポイントとして、ユーザーに還元しているので、ポイントサイトを利用するのはお得なんです。

新規カードの発行だけでも、ポイントがもらえるので、仮に使わなくても無料でポイントがもらえます。

登録もすぐできるので、興味がある方は登録してもよいかもしれません。登録もすぐできます。

ハピタス

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

さらにポイントサイトに知りたい人は以下の記事もご参考になさってください。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする