地方公務員が、思い切って400リップルを購入したので報告します

このブログでは、仮想通貨投資を投資のスパイスとしておすすめしています。

というのは、仮想通貨はご存知の通り、値動きの激しいハイリスクハイリターンの投資案件であり、実際、本日、仮想通貨が軒並み暴落しました。

暴落こそ、元手が少ない者にとっては、好機ととらえて追加投資をすることとしました。私の投資スタイルは、基本「逆張りタイプ」なので、迷わず資金を投入しました。

ちなみに、購入したのはビットコインではなく、リップルを購入しました。それも、400リップル購入しました。なぜか?その理由を下記で述べたいと思います。

スポンサーリンク
広告

なぜ、ビットコインではなく、リップルを購入したのか?

私はビットコインではなく、オルトコインをおすすめしております。というのは、ビットコインに比べて、伸びしろがあると考えているからです。例えば、1ビットコイン=147万円に対して、今回購入したリップルの場合、1リップル=200円以下です。

※オルトコインについて、ご存知ない方は、以下の記事をご覧ください。

リップルに限らず、オルトコインはまだまだビットコインに比べたら価格が低い水準であるので、多く通貨を購入できるんですね。リップルを推奨する理由としては、以前の記事でも書きました。

関連記事

結局通貨の価値は、使える範囲、場面が多いことによると思いますので、その点、リップルは提携先が広がっていることから、今後も上昇する可能性が高いと思います。

400リップルを購入したワクワク感

400リップルは、何度かタイミングをずらして購入したのですが、平均価格で200円ちょっとで購入できました。買っても買っても、値が下がる一方で、ひやひやしましたが、これはこれで割安感が高まっていると思い購入しました。リップルの単位は、XRPです。

ビットコインについては、ビットフライヤーで購入しているのですが、ビットフライヤーは、オルトコインにあまり対応していないので、リップルを購入するために、対応している【GMOコイン】 口座を通じて購入しています。

冒頭にも述べたように、ビットコイン、オルトコインともに暴落しました。

株式投資で、こんなに下落するのはありえません。このハイリスクが、仮想通貨投資の醍醐味といえます。ということで、地方公務員でも気軽にできるのが、仮想通貨投資の良さでもあるので、今回購入した400リップルがどのようになったか、現在は、400リップルで、72000円ほどですので、今後どのように変化していたのか、経過報告をしていきたいと思います。

なお、それでも仮想通貨に貯金を使うのは、抵抗ある人は無料で手に入れる方法があります。これについても、過去の記事で言及しているので、興味がある人はご覧ください。

平成30年1月29日追記

リップルをそれから買い増しておりまして、現在は578リップルまで買い進めております。とはいえ、リップル自体の価格は下がっており、しばらくホールドしておきたいと思います。

とはいえ、私自身は今話題のコインチェックで購入していたため、リップルを他の取引所に移すことができていません。。。詳細については、下記の記事で書かせてもらっています。

関連記事

なので、コインチェックが出金を再開したら、迷わず、財務的に安定しているGMOグループが運営している【GMOコイン】 に全部のリップルを移したいと思います。

リップルを扱っている国内では少ない取引所ですし、セキュリティ面と財務面を考えれば、【GMOコイン】 がいいでしょう。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする