ビットコインとの違いは?公務員でもわかるオルトコイン投資入門

ビットコイン投資も社会全体に浸透してきて、ビットコインや仮想通貨を保有している人も多くなっているのではないでしょうか。今後のビットコインは伸びる余地があると思いますが、それ以上に注目されているのが、今回紹介するビットコイン以外の仮想通貨(=オルトコイン)です。

ビットコインは知っていても、オルトコインはよくわからない、という方もまだまだ多いと思いますので、今回はリップル、イーサリアムといったオルトコインについて解説したいと思います。

スポンサーリンク
広告

オルトコインとは?

オルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨を指す言葉です。具体的には、イーサリアム、リップル、モナコインなど、オルトコインの種類は多数存在しており、玉石混交しているのが実際のところです。

玉石混交しているので、ほとんど流通していないような無価値のオルトコインを存在しているので、ビットコイン以上にハイリスクです。しかしながら、伸びしろやこれからの価格上昇の可能性もビットコイン以上であることから、ハイリスクハイリターンの投資物件といえます。

ビットコインとオルトコインの違い??

オルトコインで代表的なものととして、「イーサリアム」「リップル」「モナコイン」「ネム」を挙げたいと思います。これらは、ビットコインと同じ仮想通貨ですが、この仮想通貨を支える技術が異なっていたり、その利用方法が異なっています。

しかし、本質的には、国際送金といったグローバルな決済手段において、低コストかつ瞬時に実現することができる点が評価されている点は変わりありませんので、そこまで違いにこだわる必要はありません。

なので、ビットコインもオルトコインも同じ、仮想通貨という括りで理解し、その発行元が異なるから名称が異なっているという理解で良いと思います。円、ドル、ユーロといったように、各国によって通貨の名称が異なっているようなものです。その中で、ビットコインは最も影響力が強いことから、ドル=ビットコイン、仮想通貨上の基軸通貨は、ビットコインなのだな、ぐらいの理解に留めておく方がいいでしょう。

オルトコイン投資をするために必要なもの

オルトコイン投資を実際にしていく上で必要なものは、仮想通貨投資用の口座です。ビットコインの投資口座としては、ビットフライヤーだけで十分なのですが、今回紹介したリップル、ネムといった幅広くオルトコインに投資するならば、コインチェックで口座を開設する必要があります。

ビットフライヤーは、投資できる仮想通貨は、限定されています。以下のように、「イーサリアム」「イーサクラシック」「ライトコイン」「ビットコインキャッシュ」「モナコイン」です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

一方、コインチェックは、「イーサリアム」「イーサクラシック」「リスク」「ファクトム」「モネロ」「オーガ」「リップル」「ジーキャッシュ」「ネム」「ライトコイン」「ダッシュ」「ビットコインキャッシュ」と種類が多いです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

まだ、仮想通貨の口座を持っていないというならば、コインチェックであれば、各種オルトコインに投資ができます。また、ビットコインだけでいいのであれば、ビットフライヤーだけで十分です。

とはいえ、個人的にはオルトコインの伸びしろに期待しているので、オルトコインの投資比重を今後高めていきたいと思います。

関連記事

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする