凡人公務員は時間をかけて金持ち中年になることを目指す方が現実的です

公務員は確かに所得的にも安定していますし、仕事もブラック企業と比べたら非常に恵まれています。とはいえ、公務員というものは、お金持ちにはなれませんし、だからといって貧乏でもありません。所得的には、限りなく普通の所得です。

しかも20代、30代については、給与水準は同世代の民間サラリーマンと比べて低いのが常です。では、公務員が金持ちになることができないか?といえば、できないわけではありません。しかし、その方法は地味で平凡です。

そんな当たり前ですが、堅実な方法ですので、述べさせていただきます。

スポンサーリンク
広告

凡人が金持ちになるには、時間をかけるしかない

公務員の昇給カーブは、年功序列であり、徐々に上昇していく昇給カーブなのです。

なので、若くてイケイケのヒルズ族(死後?)のような、成金のような金持ちを目指すのではなく、落ち着いた50代での金持ちを目指す方が現実的なのです。

確かに消費意欲の高い20代、30代で金持ちになれないのは、少し物寂しいところではありますが、そんな非現実的な希望を抱くよりも確実な未来を選択する方が合理的なのではないでしょうか。

時間をかけて、少しずつでも資産を蓄積して、不労所得を構築していくことが手堅い金持ちになる道だと思います。

少しずつ時間をかけてストックを蓄積する

幸いにも、国策として貯蓄から投資を後押ししていることから、確定拠出型年金や積立NISAを活用したいところです。公務員の収入源は、安定的な給与収入だけでなく、株式投資をすることで配当収入、ブログアフィリエイトやポイントサイト、現在急上昇中のビットコイン投資を行うことで、さらに雑収入を得ることができます。

もちろん、最初から収入になるわけではありません。やはり、最初は時間をかけるしかないです。それは地道で回り道に感じるかもしれませんが、それしか富を蓄積する方法はありません。

実際、このブログにおいて副収入を得ることができていますが、モノになってきたのもここ最近のことです。当然、公務員でありますから年間20万円以内の所得に抑えていますが、それでも年間20万円ほどの副収入があるかないかでは、全く状況は違いますよね。

節約して、すべて投資をすれば自然とカネは増える

結局、給与が上がらなければ節約するしかないのです。節約をして少しでも支出を抑えて、浮いたお金を投資に回していくことでしか、富は増えません。

もちろん、定期預金のようなごみ見たいな投資商品は買ってはいけません。公務員であれば、共済貯金から始めるのがベターでしょう。

結局のところ、金持ちになる方程式は以下のものしかありません。

(収入-支出)=可処分所得

可処分所得×利回り=不労所得

つまり、可処分所得を増やして、不労所得を少しずつ増やしていくことが大切なのです。

今後もこのブログでは、景気の良い調子の良いことは書きませんし、書けませんので、地味だけど、堅実な金持ちになる方法を実体験を通じて、記録していきたいと思います。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Al より:

    はじめまして。いつも楽しく見せていただいてます。私も記事に啓発されてそのうちにブログでも作ってみようかと思っています。
    この記事内の整理なのですが、管理者様はポイントサイト収入分は年20万円までの確定申告不要の収入に含まず考えていて、実際問題ないという解釈でよろしかったでしょうか?
    どこまでが副業にならないのかという線引きのところで再確認したくコメント致しました。皮算用ですがアフィリエイトというよりはむしろポイントサイトの方が魅力的かと感じています。
    お時間あるときにお返事いただけたら幸いです。
    今後も記事楽しみにしています。