公務員でもわかる仮想通貨の基本まとめと無料でビットコイン投資をする方法

仮想通貨ビットコインがバブル状態です!ビットコインの値段が日に日に上昇しており、もうすぐ1ビットコインの価格が100万円に到達しそうな勢いです。

このようにビットコインの価格が高騰していることから、この価格上昇の波に乗りたいと考えましたが、公務員になじみがないビットコインを含めた仮想通貨についてを紹介するとともに、ビットコインを無料で手に入れる方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告

ビットコインとは?

ビットコインは、インターネット上で使える仮想通貨と呼ばれるものです。

仮想通貨とは、「仮想」とはついているものの、通貨であるので、買い物もできます。その点は、普通の通貨と同じです。実際、ビックカメラやHISなどでは購入時に使えます。紙幣やコインといった現物はないバーチャルですが、通貨です。

ビックカメラ全店でbitcoin使えます! | ビックカメラ

【H.I.S.】bitcoin H.I.S.店舗で使えます | 海外旅行・格安航空券の総合情報サイト

その他にも、ネット上のショップを中心に使えます。

日本のビットコインが使えるお店(ビットコイン決済対応店舗) | Bitcoin日本語情報サイト

また、amaten – アマテンのようなギフト券売買サイトでも使うことができます。

アマテンって何?という人は下記の記事をご覧ください。

関連記事

まだまだ使えるお店は少ないものの、通貨としての存在感が日々高まっています。そのため、冒頭に紹介したように価格が上昇しているわけですが、そもそもビットコインの何が凄いのでしょうか?

ビットコインの単位は?

ビットコインの単位は「BTC」です。1BTC=949,000円程度です。

とはいえ、ビットコインは、0.00000001BTCから購入できるとしていますが、はじめは1000円単位からも買うことが一般できます。

ちなみに、ビットコインの最小単位は、ビットコインの生みの親といわれるサトシ・ナカモト氏からちなんで、「1 satoshi = 0.00000001BTC」といわれます。

ビットコインの何が凄いの?

冷静に考えれば、別に仮想通貨じゃなくて普通の通貨を買い物で使えばいいじゃないか、と思いますよね。なぜビットコインが注目を集めているのか?という話になります。

通常の通貨というものは、政府の中央銀行が発券するものですが、仮想通貨は中央銀行的存在がなく、国に縛られない非常にボーダーレスなのです。

ボーダレスゆえに、海外送金が非常に低コストで可能なのです。だから、日本からアフリカやドイツ、パプアニューギニアでもどこでもネットがつながれば、誰でもどこでも送金できます。

仮に三井住友銀行で送金しようと思えば、最低でも9000円以上は必要になります。

海外送金 : 三井住友銀行

●円普通預金から出金、または円現金を店頭にお持ち込みされ、円貨建てで送金される場合
以下の3つの手数料が必要となります。

1.海外送金手数料 4,000円(弊行の海外店・連携銀行あては3,500円)
2.関係銀行手数料 2,500円
●受取人取引銀行または送金の経由銀行で発生する手数料を依頼人負担とした場合にかかります。
●受取人取引銀行または送金の経由銀行から後日4,000円を超える請求があった場合は差額を請求させていただきます。
3.円為替取扱手数料 送金金額の1/20%(0.05%)(最低2,500円)

一方で、日本国内大手のビットコイン取引所であるビットフライヤーであれば、送金手数料は0.0004 BTC(367円程度)でどこでも送金できます。

改宗者Bitcoin (BTC) 及び日本円 (JPY): 両替率の換算の計算機

ビットコインは他の通貨とは違って格安に送金できるから注目されているわけです。このビットコインのもつ、送金コストの安さが、経済学者の野口悠紀雄教授も注目しており、これからの可能性を感じさせます。

通貨革命か、それとも虚構か?「ビットコイン」を正しく理解する 野口悠紀雄 | ダイヤモンド・オンライン

ビットコインはどこで買えるの?

ビットコインは、取引所と呼ばれるところで購入できます。日本国内でも様々な取引所がありますが、注意が必要です。

取引所によっては、運営がずさんで、過去には取引所が破綻して、ビットコインがすべて消失してしまった人もいました。

マウントゴックス破綻 ビットコイン114億円消失  :日本経済新聞

インターネット上の仮想通貨ビットコインの取引所「マウントゴックス」を運営するMTGOX(東京・渋谷)が28日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日受理されたと発表した。債務が資産を上回る債務超過に陥っていた。顧客が保有する75万ビットコインのほか、購入用の預かり金も最大28億円程度消失していたことが判明した。

したがって、取引所の選択は慎重にする必要があります。

私自身は、国内大手でメガバンクや損保会社、生保会社等が株主に名を連ねるビットフライヤーを利用しています。

ビットフライヤー以外にも取引所がありますが、やはり一番安定感がある取引所を選ぶ方が良いかと思います。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインは「投資」ではなく「投機」商品?

このように、これまでの常識を大きく違う仮想通貨ビットコインですが、投資商品としても注目を集めています。ビットコインはこれまで一貫して価格が上昇しています。平成29年5月時点で1ビットコイン=25万円だったのが、平成29年11月現在90万円を超えています。1年足らずに4倍にもなっています。

1年単位では上昇傾向ですが、1日単位では大きく値が変動しています。

1日で90万円から94万円と大きく変動しており、非常にハイリスクな商品といえます。しかし、ビットコインはいくらからでも買うことができるので、1000円から始めることもできますので、ちょっとしたギャンブルとしても楽しむことができます。

なので、公務員の「投資」商品としてはおすすめしないのですが、タイミングよく売買すれば倍に増えることができるので、投機として割り切る分には良いと思います。投機として考えれば、面白い商品です。とはいえ、投機に自分のお金を注ぎ込むのは、リスキーですね。

ビットコインを無料で手に入れる方法

1000円から購入することもできますが、ビットコインを無料で手に入れる方法もあります。それは、ポイントサイトを利用することです。

ビットコインと交換できるポイントサイトは限られていますが、最も効率よく交換できるのは、ポイントサイト最大手のポイントタウンです。

自分のお金をビットコインに交換するよりも、ポイントタウンでポイントを稼いで、ビットコインと交換した方がノーコストで手に入れることできます。

ポイントタウンであれば、簡単にポイントが貯まることができますので、あっという間にポイントが貯まります。たとえば、クレジットカードを発行するだけで貯めることができます。

クレジットカードを発行するのは、ちょっと・・・という人でも、証券会社の口座を無料で解説するだけでも、十分ポイントがもらえます。

とはいえ、ポイントを貯めずにすぐにビットコイン投資を始めたい人は、ビットフライヤーから取引ができます。いずれにしても、自分に合った方法で取引すると良いでしょう。

もっとポイントタウンに知りたい人は、以下の記事でも紹介していますので、もし良ければご覧ください。

関連記事

↓下のリンクから登録すれば、ポイントもゲットできます。ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

実際にビットコインを投資してみた結果

実際にポイントタウンで得たビットコインで、ビットコイン投資を始めてみたところ、現時点では以下のような運用成績を得ることができています。

15,276円ですが、現金を投入したのが3,500円だけです。後のビットコインはすべてポイントタウンで交換して得たものですので、現在のビットコイン15,549円のうち、現金で購入した3500円を差し引いた12,049円については、一切持ち出しがゼロということです。

ポイントタウンで稼いだポイントをビットコインを購入しながらも、少しずつ現金でビットコインも買いましていきたいと思います。今後もビットコインの価格はじわりじわりと上げていくと思いますし、仮に暴落してもまだ1万円も投入していないので、全然ダメージがないので、問題ありません。

公務員も少しずつでもいいので、ビットコインの世界を体験してはどうでしょうか。私はビットフライヤーでビットコイン投資をしています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする