クレジットカード・電子ギフト売買サイト・ポイントサイトは現代の節約3種の神器だ

副業による収入増よりも節約によるコストカットで可処分所得を増やす、が基本モットーの私ですが、そんな節約を行っていくうえで、欠かすこのできないツールがタイトルにあります3つの神器です。

・クレジットカード
・電子ギフト売買サイト
・ポイントサイト

知らない人は明らかに損して、知っている人は賢く節約できるのは世の常ですが、それを半ば体現しているのがこの3つのツールです。

これらは簡単かつすぐに誰でも節約することができるので、もし知らない、ましてや知ってるけど面倒くさくてやってない人は、ひじょーーーにもったいないので実践することをおすすめします。

それでは、改めて各ツールについて述べたいと思います。

節約は消費の方法で簡単にできる

節約というと、家電のコンセントを抜く、割引商品を買うなどなど、だいたいの世間で流布されている節約方法というのは、非常に面倒くさいうえに、しみったれて、かっこ悪い、それゆえ節約ということを敬遠する人もいるというのもよくわかります。

しかしながら、節約というのは基本的に同一の商品をより安く購入することで実現できるので、そんな努力と節約は本来的に無関係なのです。

だから、節約において大事なことは、いかに消費方法を賢く効率よくするか、ということに尽きる、とういことです。

ポイントという割引制度が使えるのはクレジットカードの特権

では具体的な話をすると、現金で購入するのと、クレジットカードで購入するのとでは全く違います。現金で購入してもポイントは付きませんが、クレジットカードは購入するごとにポイントが付きます。

たとえば、楽天カードであれば購入金額の1%がポイントバックされます。つまり、10万円購入すれば1000円分のポイントがバックされることになります。当然、現金だけの支払いでは全くのポイントがつきません。年間に換算すれば、毎月10万円となれば、年間120万円の支出として12,000円のポイントバックとなります。

クレジットカードを使う人、使わない人ではそれだけで節約における差が付きます。

電子ギフト券は定価で買うのはもったいない!

Amazonギフト券、 iTunesギフト券、楽天ポイントギフト券などなど、多くの通販サイトでは電子ギフト券を扱っておりますが、これらはほとんど電子ギフト売買サイトで取り扱いがされています。それもamaten – アマテン
のように定価の5%引きは当たり前です。これは先ほどのクレジットカードの1%ポイントバック以上にお得といえるでしょう。

それゆえ、クレジットカードを使うよりも、まずは現金で電子ギフト券を購入したほうが節約上はお得といえるでしょう。それゆえ、極端なこといえば、現金があれば株式投資するよりも電子ギフト券を割引で買ったほうがお得であることはいうまでもありません。

ポイントサイトは知らない人が多いからこそ効果的なツール

最後にポイントサイトを紹介します。これは今さら説明するまでもありません。うさんくさい、やばい、危ないと思うなら利用しないほういいかもしれません。

ただ、ポイントサイトは案外知らない人が多いからこそ、非常に効果的です。あえて、ここでは言及は省略します。

関連リンク

このようにクレジットカード、電子ギフト券、ポイントサイトは節約する上で非常に有効なツールですので、おすすめさせていただきます。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告