今さら聞けない?ドットマネーギフトコードをANAマイルに交換する方法


ドットマネーギフトコードはANAマイルに交換することができる非常に便利なギフトコードです。ANAマイルをたとえば1000円分貯めようと思えば、還元率1%としても最低でも10万円の買い物が必要となります。

しかし、ドットマネーギフトコードはヤフオクで販売されており、誰でも売買することができるので、貯めることができないけども、マイルが欲しい!という人はヤフオクを利用されることをお勧めします。

そこで、今回はドットマネーギフトコードをANAマイルに交換する方法を解説したいと思います。

ドットマネーギフトコードをANAマイルに交換するまでの全体的な流れ

ドットマネーギフトコードはポイントサイト「ドットマネー」で使える電子ギフト券です。それをANAマイルに交換する流れは以下のとおりです。

「ドットマネーギフトコード」⇒「ドットマネー」⇒「メトロポイント」⇒「ANAマイル」

ドットマネーギフトコードは、等価でメトロポイントと交換できるのですが、メトロポイントは9掛でANAマイルと交換することになるので、メトロポイント20000ポイントでANAマイル18,000マイルと交換になります。

この図からわかるように、ドットマネーギフトコードには3つのアカウントが必要となります。

(1)ドットマネー
(2)東京メトロ
(3)ANA

この記事を読んでいる方は当然ながら、ドットマネーとANAのアカウントは持っているので問題ないと思いますので、必要なものは東京メトロアカウントということになります。

※しかし、このアカウントだけではドットマネーからANAマイルに交換することはできず、「ANA To Me CARD 」通称ソラチカカードが必要になります。

なお、今ならポイントサイトハピタス経由でカードを作れば、現金と交換できるポイントがもらえます。(平成29年6月現在)

「ドットマネーギフトコード」⇒「ドットマネー」へ交換する手順

(1)ドットマネーにアクセスして、「ドットマネーギフトコードを使う」をクリックします。

(2)ドットマネーギフトコードのコードを入力します。

ここでギフトコードを入力すれば、ドットマネーギフトコードをドットマネーに交換することが完了します。

「ドットマネー」⇒「メトロポイント」へ交換する手順

(1)ドットマネーにアクセスして、マネーを使うをクリックします。

(2)メトロポイントを交換する。

注意点としては、メトロポイントへ交換するまでに1か月~2か月ほどかかるので余裕をもって交換する必要があります。

「メトロポイント」⇒「ANAマイル」へ交換する手順

(1)東京メトロのサイトへアクセスします。

(2)ANAマイレージへ交換します。

100ポイントは90マイルへ交換できます。ただし、交換が反映されるまでに1か月までかかりますので注意が必要です。以上でやっと、ドットマネーギフトコードをANAマイルへ交換が完了します。

まとめ

以上の流れでドットマネーギフトコードをANAマイルに交換できるわけですが、前述のとおりドットマネーギフトコードはヤフオクで販売していますので、ヤフオクの検索で「ドットマネーギフトコード」と検索するといくつか販売されているのがわかると思います。

考え方にもよりますが、どうしても早くマイルが欲しいと思えば、ヤフオクで購入してもよいでしょう。

ただし、ヤフオクではドットマネーギフトコードは高値で売買されているので注意が必要です。

関連リンク

なお、少しでもヤフオクで安く購入しようと思えば、ポイントサイトハピタス経由で購入することで節約することができます。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告