新刊本買うならAmazonよりも7%安えるハピタス堂書店がおすすめ

公務員という仕事柄、法律関係や財政関係の書籍を多く買うことも多いため、だいたいAmazonで買っていたのですが、今はAmazonよりお得な書店サイトがありましたので、そちらで買っています。

それが今回するハピタス堂書店です。

ビジネス書は中古で買ってもいいのですが、新刊ですぐ読みたい、もしくはなかなか中古本がでないといったときもありますので、その場合はポイント還元により割引率の高いハピタス堂書店がおすすめです。

スポンサーリンク
広告

公務員が読むべき本は高すぎる問題

公務員は専門性が求められる業務に携わることも多く、専門書を読んで勉強しなくてはいけない場面が多いです。

たとえば、財政課に配属された場合は、小西砂千夫教授の「基本から学ぶ地方財政」石原信雄元自治省事務次官の「新地方財政調整制度論」など、これだけは押さえとけ、という本がいくつかあります。

そのほかにも、人事課、福祉課、企画課など、他の部署にも置いても名著、テキストと呼ばれている専門書があり、それを必携しておくのは、もはや必須条件となっております。

しかしながら、専門書であるゆえに、数千円から中には1万円を超える書籍もあり、できる限り安く購入したいですよね。。

投資、財テクのスキルを高めるならば本を読め

業務に関係なく、副業を行うべき投資や財テクといった、お金に関する知識を身に着けるために手っ取り早いのが、ビジネス書を買うという方法です。

株式、不動産投資、アフィリエイト、現在流行の仮想通貨投資など、多くの知識を身に着けるためのビジネス専門書を買う、いわば自己投資をして、他人の経験を買うという発想が忙しい公務員には良い方法です。

先ほどの専門書と異なって、これらは1,200円から1,500円の価格帯なので、先ほどの専門書と違って、まだ買いやすいところではあります。

関連記事
http://www.lifehacking360.com/archives/50594981.html

公務員向けの財テク本、副業本って案外少ないんですよね。やっぱり、一般サラリーマンではなく、あくまで公務員の立場にたって、公務員でもで...

新刊本買うならハピタス堂書店が割安でお得です

このように、公務員であれば本業、副業問わず多くの書籍を購入する必要があります。

そこで、Amazonよりも安く書籍を買えるのがハピタスが運営するハピタス堂書店です。

メリットしては、以下の通りです。

(1)送料無料

(2)7%ポイント還元

  (3)   ポイントは1円として利用可能

確かに、アマゾンを普段使いしている人にとっては、別に使う必要もないのですが、Amazonよりも7%のポイントバックがあるのハピタス堂書店は魅力的ですよね。

ちなみに、ハピタスポイントはハピタスで使うことができるポイントなのですが、現金にも換金できるのでお得です。

ハピタス堂書店の運営は東証にも上場しているイーブックイニシアティブという企業が運営しており、安心して購入することができます。

専門書、ビジネス書のラインナップも豊富なので、大体の本は買えますので、Amazonよりもポイント還元がある分お得ですね。

ハピタス堂書店の登録方法

まず、ハピタスの兄弟サイトであるハピタスに登録します。その上でハピタス堂書店を検索するとハピタス堂書店へ移動できます。

まずは、ハピタスに登録します。登録自体はすぐできます。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

そのうえで、ハピタスの検索バーで「ハピタス堂書店」と検索することで、ハピタス堂書店のサイトに進むことができますので、そこで書籍を購入すれば完了です。

次にハピタス堂書店にログインして、会員となることができます。会員になる手順は以下のとおりです。

(1)新規で登録するので、下の「新規会員登録はこちら」をクリックします。

(2)次にメールアドレスを入力して、同意するをクリックする。

(3)そのまま、パスワード、お名前、性別、生年月日などを入力して、登録完了です。

非常に簡単ですね。ハピタスポイントが還元されるので、そのポイントでまた本を購入できますので、お得に購入できます。Amazonで買うよりも断然お得です。

なので、ハピタス堂書店で登録ができたら、今後はハピタス経由で購入すると、永遠にキャッシュバックを受けることができます。

ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする