今さら聞けない?!ふるさと納税をしてみたい公務員がまず買うべき参考書籍

ふるさと納税をしたいなあと思っている人は多いと思いますし、公務員とはいえ、県外、市外のほうが納税した方が良いなあと思うことも多いと思います。そこで、公務員だけど、ふるさと納税に興味ある人におすすめの書籍とそんな納税先について書きたいと思います。

ちなみに、かつてこのサイトでもふるさと納税については説明しましたので、まずは以下のページをご覧になっても良いと思います。

公務員でもできるお得なふるさと納税入門

しかし、やはりネット上の情報であるので、あくまで概要でしかありません。そこで、参考にしたのが以下の書籍です。

ふるさと納税をするならば、この1冊は欠かせない

ふるさと納税業界では有名な金森さんの初心者向けふるさと納税の書籍です。この本一冊あれば、ふるさと納税制度の概要と実際の手続き方法について書かれている本です。私もこの本を読んで、実際にふるさと納税をしましたので、価格も1,000円以内であることから費用対効果の極めて高い一冊といえます。

実際に納税先を選ぶときに役立つ一冊

先ほどの書籍が納税方法がわかりますが、実際にお得な納税先を知るならばこの一冊です。本当にふるさと納税先ってめちゃくちゃ多いんですよね。1800を超える納税先があるわけですから。

なので、こういう本が手元にあるだけで納税先選びはかなりはかどると思います。

ちなみに、ふるさと納税では、ふるさとチョイスというサイトもあるのですが、やはり、私自身は書籍の方が探しやすいとおもうので、今回は書籍を紹介させていただきました。

ふるさと納税はノーリスクでありながら、リターンは確実にある制度であるので、利用しないこと自体が損しているといっても過言ではありませんので、今回紹介した書籍、二つ合わせても2,000円程度であるので、購入しても、十分元が取れますので、おすすめですよ。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告