株主優待狙いの個人投資家を利用して稼ぐ「優待狩り」のトレード術

ee5bb9db 

株式投資の面白いところは、株主優待ですが、その株主優待を狙った投資家を狙った、優待狩りというトレード術があるので、紹介します。


優待狩りの手法とは?

ダウンロード

優待を狙って購入しようとする個人投資家が多いので、そのような銘柄を狙う手法があります。

そもそも、株主優待の銘柄は、権利確定日に一日でももっていたら、その時点で優待をゲットする権利を得るのですが、その権利確定日を過ぎると、株価は一気に値下がりするパターンが多い特徴があります。

そこで、優待権利確定までには、優待がある銘柄を買付ます。大体確定日の2か月前ぐらいが良いと思います。その後は、優待狙いの個人投資家が買ってくれるので、株価は基本的に上昇します。そして、権利確定直前で、すべての株式を利確売りして手放します。その後は、権利確定後に一気に売られることを見越して、空売りを仕掛けます。こうして、ラクに個人投資家をカモにして利益を得ることができます。具体例は以下の通りです。

日本研紙で米騒動、株主優待のおこめ券(3kg)が4万円の高級おこめ券に豹変 

ただし、空売りについては、逆日歩が付くリスクがあるので、上昇を狙った買いのみにとどめておく方が賢明かもしれません。マクドナルド、吉野家、ANAなどは株主優待が有名なので、おすすめの銘柄です。

クロス取引はハイリスク

arrow091

あと、クロス取引はリスクがあるから気を付けましょう。クロス取引というのは、株主優待を買って、同じ単位を空売りして、プラスマイナス0、株主優待だけゲットという手法ですが、空売りするときには、当然借りるわけですから、金利を払います。その金利の利息が逆日歩というものです。

みんなクロス取引をするおかげで、逆日歩がめちゃくちゃ高くなり、先ほどの例のような損して、高い株主優待を手に入れる羽目になります。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告