貯金100万円以下の公務員の資産運用は無駄!元手を副業で作る方法

このブログの最終目標は、公務員という身分でありながら、不労所得を得るというスタイルを確立する方法ですが、しかし、貯金が一定の金額がなければ、やっぱり資産運用してもあまりリターンが見込めないのかなぁと思います。リターンが少ないのは、ひとえに元手、種銭が少ないということが大きい理由でしょう。

そこで、今回は不労所得を得るための資産運用に必要な元手と、元手を作るための収入源設計方法、副業を検討したいと思います。結論から言えば、副業で収入源を作って、その収入で元手を作ろうよ、ということです。


元手が少ないうちは資産運用はコスパが悪い

元手が少ないと当然リターンも少なくなります。シミュレーションをしてみると、100万円の3%で運用しても年3万円の収入にしかなりません。これが、1000万円の3%で運用しても、30万円となります。利回りは同じ3%ですが、元手が増えたおかげでリターンも当然増えます。

元手が少なければ、利回りが上がればいいのですが、4%、5%という株式はそんなにありません。なので、利回りを上げるよりも元手を増やす方が現実的なのかなぁと。だいたい3%であれば割と銘柄の種類は増えるので、元手1000万円であれば、年利4%で年40万円の収入になります。

年利4% 年利5%
100万円 4 5
200万円 8 10
300万円 12 15
400万円 16 20
500万円 20 25
600万円 24 30
700万円 28 35
800万円 32 40
900万円 36 45
1000万円 40 50

ということで、貯金が100万円では、全然リターンが少ないので、まずは元手を増やしましょう。

参考リンク

資産運用のラインは1000万円かも

先ほどでも指摘しましたが、1000万円であれば貯金をすれば公務員の所得水準であれば作ることができると思います。1000万円以下は言ってみれば資産のレベルとしては不十分なので、資産運用をしようと考えたらまずは1000万円を作りましょうよ。ということです。

しかし、貯金1000万円がすぐ作れないならば、年利3%以下の金利で借金をする方法もあります。そしたら、借金との差額金利分儲かりますよね。とはいえ、借金の前に自己資金を作っておくほうがリスクが少なくなるので天引きと共済貯金の積立でまずは元手を作っていきましょう。

ここで1000万円を作る目的は不労所得を得るためですので、収入源があればいいわけです。1000万円も年間30万円の収入を得るために必要なのですから、要は月々収入をもたらすものを手に入れればいいわけですよね。今までは、株式だけでしたが、

・ブログアフィリエイト
・自動販売機
・不動産
・無人農産物販売
・ソーラーパネル

副業については下記のリンクでまとめています。

参考リンク

などなど、収入をもたらすのは、別に株式だけではないということです。なので、収入源を買う、ではなく収入源を作るということを考えることが有効だと思います。資産運用も資産があってこそなので、今私達がある資産というのは、労働力だとすれば、それをフル活用してブログを作ったり副業的な方が案外近道かもしれないですね。

なので、今後も公務員でもできる副業や収入を得る方法を研究して公開していきたいと思います

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告