2ちゃんねるで流れている公務員利権は全くのウソ。だから本当の公務員利権を教えます

「公務員 利権」で検索すると、デマ発信メディア「2ちゃんねる」がトップに出てきます。

公務員利権うめえwww民間ざまあwww

果たして本当にそんな利権なんてあるのでしょうか?

2ちゃんねるの公務員利権についてまとめた

まずは、2ちゃんねるで言われている公務員利権について引用してみたいと思います。

1 :非公開@個人情報保護のため:2011/10/16(日) 16:58:14.58
 
公務員利権マジうめえwwwww 
くすね放題補助金に厚遇特権ジュウジュウ 意味不明の不労所得各手当とホクホク年間休日ショリショリッ 
ガッツリボーナスと退職金パカッフワッ 老後恒久保障の極太共済年金トットットッ… 
どんな触法行為しても退職金満額ゲッツにコネ再就職で人生無限コンティニューw 
毎日実働3時間以下のヌルヌル仕事で趣味に株投資に人生のゆとりを頂いてますw 
お決まりの「公務員だけど手取り20万以下、言われる程公務員貰ってないよw」てカラクリ、 
「共済年金」や「給料天引きシステムの積立貯金」で回収確実な先行投資してるだけですからw 
「朝三暮四」て故事成語が既にあるのに「暮四」を知らずに「朝三」だけ聞いて 
「うは☆俺朝五は貰ってるわw公務員マジ雑魚すぎ」とか思ってる連中、サル以下www 
 
ハムッ ハフハフ、ハフッ!! 
待遇維持の為に増税マンセー!!!ww納税者見殺し上等で勝ち逃げサーセンwwwww 
ウマッウマッウマーーーーー!!!!!www 
と、ありますが、一つ一つ検討してみます。

●くすね放題補助金に厚遇特権ジュウジュウ

くすね放題補助金とは、どういうことでしょうか?業者に発注した事業からバックマージンをもらうということなのでしょうかね?でも、補助金の交付決定には少なくとも課長級の判断がいるので、バックマージンを受けるのは課長級以上、もしくは課長級と昵懇の係長ぐらいじゃないでしょうかね??

なので、補助金をヒラの職員がくすねるのははっきり言って無理ですわいな。

●意味不明の不労所得各手当とホクホク年間休日ショリショリッ 

意味不明の不労所得手当というのは、住宅手当、通勤手当のことでしょうか?しかし、働いている以上は不労所得とは言えませんし、このような手当は他の職業、民間でも普通にありますよね。なので公務員特権とは言えないでしょう。

あと、年間有給も40日と、これは他の労働基準法と同じで公務員だけ特別休みが多いわけじゃないということです。確かに民間よりは休みは取りやすいでしょうけんどね。

●ガッツリボーナスと退職金パカッフワッ

ボーナスがっつりって、税金もがっつり、退職金も今後じわじわ減るのではっきり言ってそんなに高くない。てか民間の地方銀行の方がよりもらっているしなー

●老後恒久保障の極太共済年金トットットッ…

これも厚生年金と一元化して共済年金制度はなくなりますので、これも過去の話になりつつあります。

●どんな触法行為しても退職金満額ゲッツにコネ再就職で人生無限コンティニューw 

んなわけねーだろ。実際副業していたことがバレた公務員は懲戒免職だし、退職金も当然もらえないし、再就職のコネなんてない。あったら、本当に素晴らしいですよ。

●毎日実働3時間以下のヌルヌル仕事で趣味に株投資に人生のゆとりを頂いてますw 

実働3時間以下の部署があれば、そこに私も異動したいです。あと、株投資はやっていると思いますが、勤務時間にやっているのがバレたら懲戒ですので、リスクに比べてコスパが悪すぎですよね。

じゃあ、公務員利権は無いの?

公務員利権は無いの?というと、そもそも昔ほど利権はありません。というか、利権の定義を「不労所得」とすると、ほぼ9割の公務員は利権なんてものと縁遠いものです。なので、利権というものはありません。しかし、公務員に利権があるとしたら、「民間と比較して職場にゆとりがある」ということです。つまり時間があるからこそ、勤務時間後に利権作りができるということです。

なので、利権というのものは、公務員だからあるのではなく、利権を作れるということです。

公務員もじぶん利権は作れます

公務員の利権づくりについては、過去のエントリーでいくつか記述しています。

働きたくない公務員におすすめの不労所得を作るためのまとめ

公務員副業禁止でも合法的に稼げる副業リスト

5万円以下で買えるおすすめ高配当低位株の神7まとめ

公務員も副業を通じて利権を作れる可能性はあります。方法は株式投資、転売、ブログアフィリエイトなどなど様々な方法で不労所得を作ることができます。なので、今後もこのブログではそんなじぶん利権を作れる方法を研究して行きたいと思います。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告