公務員の低位株投資なら松井証券をおすすめする理由

前回の記事で、低位株による積立投資をおすすめしましたが、低位株投資においての問題点がありましたので、指摘しておくと同時に、その解決法を紹介します。解決方法のヒントは、手数料が安い証券口座で解説することです。

スポンサーリンク
広告

低位株投資の弱点

前回あれほど、低位株の積立がオススメと書きましたが、問題点があることに気づきました。それは、低位株を購入した時のコストが割高になってしまうことです。なので、手数料がかかる口座で株式投資をした場合、最終リターンが減ってしまうことになってしまいます。

松井証券なら10万円まで手数料無料・・だけど

低位株積立投資には、松井証券に口座を開設するほうが良いでしょう。というのも、小見出しのとおり、購入金額10万円までは無料で取引ができるからです。

とはいえ、他の証券会社、たとえば楽天証券であっても、手数料はゼロ円です。それに加えて、30万円以下の投資金額であれば、松井証券よりも楽天証券の方がお得ということになります。。

なので、手数料ゼロ円といっても、松井証券だけの強みでもありませんし、手数料だけで選ぶならば、楽天証券を選びますよね、じゃあ、松井証券の強みは何か?というと、有料ツールが、松井証券では無料で使えるということです。

松井証券で使えるツールでいえば、QUICKリサーチネットが無料です。

QUICKの豊富な証券・金融データベースとQUICK企業価値研究所が発信するアナリストコメントを融合させたリサーチレポートサービスです。レポートを共有できるTwitter連係機能や、 レポートへの評価機能も搭載しています。松井証券の会員の方すべてに無料でご提供します。

低位株投資には、NISAと松井証券が最強

低位株投資は、低金利時代のまさに庶民の投資方法です。安い金額で、誰でも投資家、しかも大企業の株主になれるのです。しかも、低位ゆえに値下がりも限定的です。

しかも、NISAによる非課税、松井証券による手数料無料で、コストはゼロです!株式リターンは、不確定ですが、コストだけはコントロールできるので、最低限安くすることが、最終的にリターンにつながります。

松井証券

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする