ネット株を初心者の公務員がかならずチェックするべきポイントのまとめ

NISAや桐原さんの株主優待の影響もあって、主婦やサラリーマンはもちろんのこと、公務員でも株式投資を始めたいという人が多くいるようです。しかし、株式投資をするときにいくつか注意点やポイントがあるので、今回はそれらを中心にまとめました。

そもそも公務員は株式投資して大丈夫なの?

基本的に公務員は副業はよくないとされています。しかし、例外があり、不動産投資、農業、そして今回紹介する株式投資も職務に影響がない範囲ならば許されるようです。なので、公務員の方も安心して株式投資をしても大丈夫ですのでご安心ください。

公務員副業禁止でも合法的に稼げる副業リスト

株式投資はどうやって始めるの?

案外わからない人が多いのが、株式投資の始め方です。流れは簡単で、以下のようなものです。

1 証券会社から資料を請求する

2 資料の必要事項を記入して、運転免許所や保険証のコピーを添付して再送して口座開設

3 口座を開設したら、証券口座に入金して株式投資ができます。

ね、簡単な流れですよね。ポイントは資料請求をして、届いたら必須事項を記入して送り返すだけです。そして、証券口座に自分の銀行口座から入金してやれば買うことができます。

証券会社を選ぶポイントは?

証券会社はいくつかありますが、選ぶポイントとして初心者ならば以下の点を気を付けたらよいでしょう。

1 口座維持手数料

2 売買手数料

3 入出金手数料

つまり、株式投資にはいろいろ名目で手数料が発生しますので、それらが安いところを選ぶ方が初心者には無難だと思います。これらは株式投資が損しようが、得しようがかならず発生するものですので、リターンを増やす観点から見ても、いかに取引コストを下げるかを考えることは重要です。

どんな証券会社がいいの?まずはSBI証券はどうでしょうか?

証券会社としておすすめなのは、いくつかありますが、まずはSBI証券ではないでしょうか。この証券会社であれば、同時にSBIネット銀行も開設することで、SBIネット銀行からSBI証券へと入金が即時に行われます。さらに SBI銀行は一般的なメガバンクに比べても高金利であることも魅力的ですよね。

実際僕もSBI銀行の口座を使っていますし、スマホアプリもリリースしているので、休み時間やどこでも取引できるのが便利ですね。手数料も比較的安いという点も良いです。

ちなみに、SBI証券口座を作るだけでキャッシュバックを得ることができる方法がありますので、興味がある方は下のリンクをご覧ください。

次の記事(関連記事)

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告