現代のわらしべ長者型モデルのアフィリエイトとせどりの仕組みについて

お世話になっております。
サラリーマン収入だけでなく、第二、第三の収入源を確保しておくことはライフハックの観点からも重要であると思いますが、個別に儲けることを考えるのではなく、体系的に考えていくことが利益を何倍にも増やすポイントになりますし、今後はそれを詳細な部分について考えて実践していきたいですね。

そこで今回は、私が考える稼ぐためのスキーム(仕組み)をメモしておこうと思います。
具体的にいえば、アフィリエイトとせどりを組み合わせた方法です。

まずはアフィリエイトで収入を得る

全くの元手無しの段階では、時間を切り売りする方法しかないと思いますが、それでは時間の制約を受けるというデメリットがあり、不労所得を獲得していくうえでは収入をもたらしてくれる仕組みを作る必要があります。それを実現するのが、サイトを使ったアフィリエイトだと思います。アフィリエイトであれば、自動販売機のように、何もしなくても24時間働く営業マンのようになってくれます。
なので、そんな収入の自動化を実現するためにもアフィリエイトサイトを制作することをおすすめします。当然、コンテンツを十分に作らなくてはただのスパムサイトにしかならないのでターゲットを意識したコンテンツづくりを考えなくてはいけません。

公務員とサラリーマンが本サイトのターゲットです。

このサイトであれば、ターゲットは、公務員やサラリーマンといった方で副収入を得たいと考えている方で、加えて、投資に強い関心がある方と細分化してターゲッティングしたうえでコンテンツを作っています。 ターゲットがわかれば、彼らに十分ニーズがある情報も明確になるので有意義だと思います。

アフィリエイトサイトでまずは、月5万円を目指す

アフィリエイトサイトを作った場合、なかなか月1000円いかないこともザラです。しかし、地道に時間を使ってページを増やして、ページビューを増やし、ユニークユーザーを積み上げます。当然、リンクも張って少しでもアクセスを流入させるこれまた地道な工夫と改善が必要です。
確かにいろんなアクセスアップがあると思いますが、やはり基本はページを増やす、それも質の高い、具体的に言えば、具体例が多く、文字量も多いサイトが濃度が濃いサイトをもつサイトとみなされて、検索エンジンにもひっかかりユーザーも増えることでしょう。
しかし、アフィリエイトで稼ぐためにはページを作らなくてはいけないので、時間がかかりますし、地道な作業の割には大きくは増えないので、収入を飛躍させるブースターとしてせどりを実施します。

せどりで収入を加速化させる

収入を増やすならば、労働を投下するよりもやはり資本の投下がさらに収入を増やすことができます。つまり、アフィリエイトは24時間働く自動販売機になってくれる一方でコンテンツを増やし続けることが求められます。そして、アフィリエイトはワンクリックで何十円単位がザラでありますが、転売であれば一回の取引で1000円以上は稼ぐことができます。そのような商品を発掘して値が上がるまで寝かせたり、地域差を活かして輸出入をする方法があります。

アフィリエイトは足し算ならば、せどりは掛け算のビジネスモデル

アフィリエイトは地道なコンテンツの制作という積み重ね、言ってみれば足し算のビジネスモデルに対して、せどりや転売は一回のアビトラージが大きければ倍々ゲームにも利益が増えていく掛け算のビジネスモデルだといえます。アフィリエイトは安定的な収入になりえますが、せどりは売れなくなるというリスクがあります。

アフィリエイトとせどりの比較は以下の表で分けて考えることができます。

アフィリエイト せどり
利益額 低い 高い
元手 いらない 必要
必要な作業 コンテンツ制作 商品リサーチ
ビジネスモデル 足し算 掛け算

ついては、まずはアフィリエイトで収入を確保する努力が継続していこうと思います。

副業におすすめ!転売ブログのまとめ一覧

  副業の一つとして、限定商品や価格差を狙う転売という副業があります。 しかし、転売するためにはその…


みんなもわらしべ長者を目指そう

今後の収入源、資産を増やしていく方法としては以下のような流れを考えています。

アフィリエイト ⇒ せどり ⇒ 株式 ⇒ 不動産

最初は少ない金額なので、プレイできるゲームも限られてきますが、できる限り時間や工夫を全力で投下して収入を増やすことを継続することが重要です。地道に地道に収入を増やす努力をする、このブログも継続してページを増やしていきたい思います。

なので、このブログでも「アフィリエイト」「せどり」「株式」「不動産」について、十分に調査して掲載していこうと思いますので、今後もよろしくお願いします。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告