一番役立つ資格は地方公務員であると断言する

いろいろな資格がユーキャンのCMを通じて宣伝されています。
簿記3級、2級のようなスキルアップ系
行政書士、社会保険労務士のような独立系
などなどの資格があります。

しかし、最も役立つ資格は地方公務員の資格ではないかと思います。
現在のように不況では資格だけでは独立は難しくて、高収入はおろか収入を安定的に稼ぐことも難しいのが現実ではないでしょうか。そこで注目の資格が公務員だと思います。

そこで、今回は公務員が最も役立つ資格であるという理由について書いてみたいと思います。

残業が少ない。残業してもその分お金が出る

まず公務員にも、国家公務員と地方公務員の2種類がありますが、そのなかでも地方公務員がなぜお勧めするかというとやはり、その労働環境にあると思います。つまり、残業がそれほど厳しくない。

確かに、部署によっては残業が厳しいところもありますが、それでも残業代は基本全額出ます。出ないとしたら、それは人事課に相談したら出ます。それでも、出ないときには、共産党や社民党系の議員に相談して、議会で質問してもらいましょう。それで解決です。

一方で、国家公務員は残業が非常に多いことは有名ですし、不規則な労働条件よりもゆとりがある地方公務員の方がプライベートも充実するのではないでしょうか。

今後も倒産のリスクが低い

やはり、公務員、親方日の丸でしたので、倒産リスクが低い。どんな大企業よりも倒産のリスクが限りなく低いといえるでしょう。

確かに夕張市のように財政破たんの可能性がないとも言い切れませんが、リスクの度合いを考えると低い。国家が財政破たんするのではないか、という悲観論もあるかもしれませんが、現実で照らし合わせればその可能性は低いでしょう。

給料は年々上がっていくので、人生設計が楽

公務員給料は俸給表を見たらわかりますが、年功序列、賃金は年齢に応じて上がっていくので、将来の人生設計が楽です。 民間であれば、一定から頭打ち、下手したら下がる可能性がありますが、生憎公務員の世界にはそれがありません。

確かに入庁した最初は給料が低いかもしれませんが、徐々にではありますが、給料が上がるから良いではありませんか。

地方公務員は社会的地位が高い、だからモテる()

これは誤解があるかもしれませんが、地方公務員でも結婚していない人はいます。だけど、だいたいの人は結婚しています。相手には困りませんし、案外職場どおしの結婚も多いのです。もし、公務員夫婦になれば、もはや鬼に金棒、というか、ちょっとした名士になれそうですね笑

相手がいないよー、と心配している人もいますが、臨時職員という人が職場にいるわけですから、その方々を狙えばいいんじゃないですかね。やはり、収入が安定していることが、結婚や交際の一つの条件になることは、地方においては間違いないでしょう。

モテるという表現よりも、世間体では抜群ですね。適当な資格の肩書よりもよほど良いですね。

転勤が無い(県庁職員は除く)

せっかくマイホームを買っても転勤があったら泣くになけません。それに、転勤が多かったら子供の転校につながって不憫です。やはり、どうせ住むなら長くその土地でゆっくり過ごしたいですよね。
民間のように飛ばされることも、結局同じ町なので、心配も減りますね。

みんなも地方公務員になろう 

地方公務員になるためには、年一回行われる試験がありますが、基本的には筆記試験と面接試験によって合否が判断されます。
この試験さえ通ってしまえば、「一生涯」食いっぱぐれることはありません。

いくらアベノミクスで民間が上向いているといっても、やはり安定においては地方公務員が最強でしょう。

では、そんな公務員にとっての弱点は給与が低いというところです。実際の給与についてもまとめたので、興味がある方はこちらをご覧ください。

そんな弱点を補う方法が副業であり、副収入の開拓です。そこでブランドとして最強の公務員を経済面が補強するというのが目下の課題ということになりますね。以下ではその手法について述べています。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告