公務員が投資ビジネスをする前ににまずは桃鉄を買え!

ご無沙汰しています。
久しぶりにブログを更新します。
最近、仕事やらプライベートやらでバタバタしていて更新が滞りがちでした、すみません。

最近、桃鉄、こと桃太郎電鉄をやったんですが、あれはやはり名作ですね。
本当にビジネスや投資のセンスを磨くには最適のゲームだと思います。

そこで、今日は桃鉄をやって学んだことをまとめてみることにします。

●簡単に桃鉄についての解説

桃太郎電鉄、通称桃鉄というゲームのルールはシンプルで、最後に総資産が一番多い人が勝ちというものです。ななので、人生ゲームみたいなものではありますが、個人ではなく、プレイヤーは投資を行う社長として、日本全国を回るというところがひとつの特徴があります。

●桃鉄での種銭は1000万円から始まる

桃鉄では最初の種銭として、1000万円から始まります。1000万円の種銭があれば、現実の世界においても事業を立ち上げるには十分な金額かもしれませんね。

●コツコツ進むより、カードを駆使しろ

このゲームは、目的地が決まっていて、目的地に早く付いた人は賞金がもらえます。そこで、ちまちまサイコロをふるよりも、ゲームに登場するアイテムであるカードを使うことでショートカットして進むことができます。このカードにはいろいろな種類があり、このカードを使うことで効率よく、ショートカットして資産を増やすことができますので、カードを使いこなすことが勝敗を決める事にもなります。

●現金はあればあるほど、資産が買える。

このゲームの特徴は、土地を買える、というところにあります。現金で土地を買えば、年間で配当収入を得ることができ、キャッシュ・フローをさらに拡大することができます。この点が、桃鉄の醍醐味であり、投資やビジネスが好きな人は、案外盛り上がるところではないでしょうか。

その他にも、、

●ルールって何が有利で、何が近道か、を知る

当然ですが、ルールを知らないと勝てません

●鉄道購入もできるぞ。

ただし、1兆円とか、桁が違います、、、ただし、買収した暁には、、、、

●プラスマスを拾っていけ

プラスマスを通ることで、着実にキャッシュを増やすことができます。

●キングボンビーと一緒ではダメ

どんなに現金があっても、資産があっても、一度キングボンビー(貧乏神)に取り憑かれるとなかなか資産が増えません、これって、結婚のパートナーにも当てはまると思うのですよ。、、

ここでまとめ

桃鉄で勝つためには、キャッシュでカードと土地を買いまくれ
キャッシュをコツコツ貯めて、なるべく、カードや土地を買うことでショートカットや安定収入を築いていきます。
このゲームの特徴としては、0から作るのではなくて、すべて買収であるということです。
言ってみれば、わらしべ長者のようなゲームです。
ビジネスでも0から作るよりも資産を買う、売上を買う、そういう発想が求められると思います。
なので、投資ビジネスを行う前に、桃鉄をプレイすることをお薦めします。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告