公務員なら知っておきたいクレジットカードの「事故」情報について

ダウンロード (1)

これは私の体験談。
実は最近、クレジットカードの審査に落ちてしまいました。今まで審査に落ちることはなかったのに落ちてしまいました。その理由は、最近クレジットカードの支払が遅れてしまったことにありました。


このような状態を「事故」というらしいです。事故した場合新規の借入はもちろんのこと、クレジットカードも作れなくなってしまうようです。それではこの事故の状態はいつまで続くのでしょうか?

●事故情報とは何か?

事故情報とは通称であり、正確には「信用情報機関」が共有している信用情報のことです。この信用があるから私達はお金を借りることができるわけですが、この信用が支払いが遅れるといったことで信用が傷つくわけです。当然ながら、信用に傷がついたのでクレジットカードローン、住宅ローンなどはできなくなるわけです。

●事故情報を管理している信用情報機関とは?

それではこの事故情報を管理している機関である信用情報機関について紹介します。信用情報機関とは、先程の事故情報を管理して、金融機関と共有することを生業としている機関のことです。

CIC

このCICはクレジットカード系の信用機関ですので、事故したらこの機関を通じて共有されてしまいます。

JICC

このJICCは先程のCICがクレジットカード系であるのに対して、銀行以外の金融機関(消費者金融など)を相手に生業を行なっています。

全国銀行個人信用情報センター

これは全国銀行協会が運営する機関であり、銀行系の信用機関です。

この3つの機関によって、私達の事故情報は共有されて、信用取引において活用されているわけです。

● 事故情報はいつまで続くのか?

今回の記事のメインである、この事故情報ですが時効は5年のようです。なので今後5年間は事故を起こさなければまた綺麗な信用情報になるようです。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告