スポンサーリンク

ペイペイの100億円あげちゃうキャンペーンが平成30年12月中に終了すると予想する理由

スポンサーリンク

 

もはや社会現象といっても過言ではないペイペイの100憶あげちゃうキャンペーンですが、12月4日から始まった新しいQRコード決済サービスにも拘らず、すでに認知度は非常に高くなっております。

 

今回のYahoo!とソフトバンクが仕掛けた巨大バラマキ型マーケティング戦術である「100憶あげちゃうキャンペーン」ですが、問題はこのバラマキキャンペーンがいつ終わってしまうのか?ということです。

 

すぐには終わらないと思っていますが、思った以上に回りもペイペイの存在を知っており、アプリ登録をして実際に使ってみた!という声を聞いたので、このキャンペーンの終わりは案外早いと考えました。

 

ずばり、ペイペイの100憶あげちゃうキャンペーンは、年内12月中に終了すると思います!100億をたった1カ月で使い切れるの?と思うかもしれませんが、今回はこの大胆仮説を考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

公式サイト上は2019年3月31日に終了予定だが・・

 

ここで基本を押さえておくと、ペイペイの公式サイト上は、2018年12月4日から始まって、2019年3月31日の約4カ月間は続くキャンペーンとしております。

 

つまり、年度でいえば、平成30年度をもってこのペイペイの100憶あげちゃうキャンペーンは終了するということですね。

 

 

4か月ということで、思ったよりも開催期間が長いなと感じると思いますが、同時にこのキャンペーンが終わる条件が、ペイペイの予算である100億円を使い切ったら終了となります。

 

期間満了で終了するか?それとも、予算満額に達して終了するか?と考えれば、感覚的に来年の3月31日を迎える前に、予算が100億円に達して終了となると予想します。

 

 

100万人に1万円還元されたら100億円なんてあっという間に無くなる

 

簡単な計算ですが、今回のペイペイのキャンペーンの予算額は100億円です。ちょっと考えればわかりますが、100万人が1万円分のペイペイポイントを獲得すれば、簡単に100億円に達します

 

1万円×100万(人)=100億円

 

1万円分も還元されないとして、仮に5,000円相当が還元されたとしても、200万人の会員数に達するだけで、100億円なんてあっという間です。

 

5,000円×200万(人)=100億円

 

「え、1ヶ月で100万人も会員数なんて集まるの?」と考える人もいるかもしれませんが、現実的に十分ありえます!!

 

ペイペイのライバルであるLINE Payの前例をもとに予想する

 

ここで、国内QRコード決済でリードしているLINE Payの過去の実績を見てみます。LINE Payは、2016年3月24日に始まりました。

 

それから、会員数をグイグイ伸ばしていき、約1年後である2017年5月5日で会員数が3000万人を突破しました。

 

 

【LINE Pay】日本の登録ユーザー数が3,000万人を突破

LINE Pay株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:舛田 淳)は、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上で展開する“スマホのおサイフサービス”「LINE Pay」http://line.me/pay の日本国内の登録ユーザー数が2017年5月5日に3,000万人を突破しましたので、お知らせいたします。

 

約13ヶ月で会員数が3,000万人を超えているということは、1ヶ月あたり230万人ずつ増えたと推定できます。

 

3000万人÷13ヶ月(2016年3月24日から2017年5月5日)≒230万人

 

なお、LINE Payもサービスを広めるためにキャンペーンを行っていましたが、ペイペイと比べると、しょぼいものばかりです。

 

例えば、すでに終了したキャンペーンは以下のようなものです。

 

【Payトク】お得な7日間!最大20%LINE Pay残高バック

6月27日(水)から7月3日(火)までの期間中、Payトクお得な7日間キャンペーンを開催!期間中、LINE Payの使えるお店でLINE Payにてお支払いいただくと、LINE Payでのお支払いが初めての方は、初回のみ20%分のLINE Pay残高を還元いたします!コード(QR/バーコード)はもちろん、オンラインでのお支払いや請求書支払いなども対象のお得な7日間です♪

 

今回のペイペイは、月5万円までは還元してもらえるのですが、LINE Payは1回キリという、なんとも渋いキャンペーンです。

 

とはいえ、そんなLINE Payでも1カ月で230万人の会員を実現できたわけですので、今回のペイペイはさらに100億ばら撒いているわけですから、1カ月で230万人は簡単に達することは、容易に予想できると思います

 

 

まだ間に合う!チャンスはクリスマス商戦までか?

 

今回のペイペイの100憶あげちゃうキャンペーンは、ソフトバンクとYahoo!という巨大企業だからこそ実現した、平成最後の民間バラマキキャンペーンです。

 

ソフトバンクは、今月上場を控えていることから、そのお祝いの意味もあると思います。かなり、大盤振る舞いしているのは言うまでもありません。

 

そんなペイペイキャンペーンが、なぜ12月4日という中途半端な時期で始まったか?といえば、私が考えるにクリスマス商戦を見据えたためだと思います。

 

ペイペイはヤマダ電機でも対応しており、クリスマスプレゼントとしてニンテンドースイッチやPS4といったゲーム機も購入することができます。

 

仮にニンテンドースイッチをペイペイを使った購入すれば、32,000円の20%分がペイペイポイントが還元されるので、これだけで6400ポイントを得ることができます。

 

なので、今後クリスマスに向けてペイペイが多く使われることが予想できますので、今のうちにペイペイに登録しておくことをおすすめします。

 

実際、私もヤマダ電機でニンテンドースイッチや家電を購入して2万円以上のペイペイポイントをゲットしました!

関連記事

実際にペイペイを使ってヤマダ電機で家電を20%引きで買い物したので報告します!
ついに平成最後の最大級のバラマキキャンペーン!ペイペイの「100憶あげちゃうキャンペーン」が始動しました!これは文句なしに損はないです。むしろ、このチャンスに乗らない方が損としかいいようがありません! そこで、...

 

 

年内にペイペイの100憶あげちゃうキャンペーンが終了する!と私は予想します。

 

関連記事

ペイペイの100憶あげちゃうキャンペーンがよくわからないという人は、下記の記事が基本編となりますので、ご覧ください。

【100億バラマキ】20%割引の「ペイペイ」キャンペーンが衝撃すぎる
平成30年12月4日からソフトバンク系のスマホ決済サービスである「PayPay」(ペイペイ)が、衝撃的なキャッシュバックキャンペーンを行うこととなりました。 なななんと!ペイペイで支払った額の20%分をキャッシ...

 

また、ペイペイのリスクや注意点もありますので、この点もしっかり使う前にご覧いただけば幸いです。

実際に利用してわかったペイペイのリスクと注意点を報告します
話題沸騰中のペイペイの100憶あげちゃうキャンペーンですが、みなさんは勿論、ペイペイ使っていますよね?? もしも使っていないのならば、この期間限定のこのお得すぎるキャンペーンに参加することをおすすめしますが、今...

コメント