スポンサーリンク

paypayに最適なクレジットカードは「Yahoo!Japanカード」しかない理由

スポンサーリンク

 

今最も勢いのあるQRコード決済として、じわりじわりと知名度を上げている「ペイペイ」ですが、ペイペイを決済として使う前には、事前にペイペイにチャージしておく必要があります。

 

チャージ方法には、主に銀行口座からチャージする方法と、クレジットカードからチャージする方法の2種類がありますが、今回は後者のクレジットカードでチャージする方法をテーマに書きます。

 

クレジットカードは星の数ほどあるのですが、結局、どのクレジットカードが最もペイペイに相応しいのか?を考えたときに、やはり「Yahoo!Japanカード」一択だという結論に至りました。

 

 

スポンサーリンク

ペイペイでチャージするならクレジットカードが最適

 

まず、簡単にQRコード決済のペイペイにチャージする方法を振り返ります。ペイペイへのチャージ方法は、主に銀行口座とクレジットカードからのチャージの2種類があります。

 

 

 

どちらもチャージすることはできますが、お得にチャージしたいと考えれば断然、クレジットカードによるチャージです。

 

というのは、クレジットカードでチャージすれば、クレジットカードの決済額に応じてポイント還元があります。よって、無還元でチャージされるよりも、ポイント還元がああるクレジットカードによるチャージがいいですよね。

 

 

なお、ペイペイにチャージする方法は、銀行口座とクレジットカードは別にYahoo!マネーからチャージする方法もありますが、実質銀行口座からのチャージと変わりありません。また、ヤフオクの落札額をYahoo!マネーで受け取る方法もあります。

 

ただ、個人的にはYahoo!マネーは使いづらいところがあるので、やっぱりクレジットカードによるチャージがペイペイには合っていると思います。

 

では、次の論点は、結局どのクレジットカードでチャージした方が良いか?ということですね。

 

 

最もポイント還元率方法は「kyash」だけど・・・

 

ここで、ポイント還元率が高いことで「kyash」が最適だというネット上の意見もあります。そもそも、kyashとは支払いアプリ機能をもったプリペイドカードです。

 

 

プリペイドカードなので、当然チャージをしておく必要がありますので、ここらへんはペイペイと同じですが、チャージ方法としてクレジットカードが対応しているのです

 

つまり、クレジットカードを使って、kyashにチャージすれば、そのクレジットカードのポイント還元を受けることができます。

 

また、kyashを使えばその決済額の2%も還元されます。ここまでで、クレジットカードの還元ポイントを仮に1%とした場合、kyashの還元ポイント2%を合計して、3%を受けることができます。

 

なので、ここまで聞くと、やっぱり「ペイペイ」と「kyash」の組み合わせが最強だなあという感じですが、ここで盲点があります。

 

 

「kyash」と「ペイペイ」組み合わせの落とし穴

 

kyashは確かに理論上は、最高の組み合わせだと思いますが、実際は盲点があって難しいところがあります。

 

ずばり、ペイペイのクレジットカードチャージに、kyashが対応していないという点です。もちろん、kyash自体はプリペイドカードですが、クレジットカードとして利用できるので、要件は満たしているのですが、現状でペイペイが対応できていないんです。

 

というか、Yahoo! JAPANカード 」しかチャージできないんですよね!

 

 

もう一度言います。ペイペイにチャージできるクレジットカードは、Yahoo! JAPANカード しかないんです。

 

確かにYahoo!Japanカード以上に高還元のクレジットカードは存在しているんですが、現状では、チャージできるの種類からYahoo! JAPANカード 一択なんですよね。

 

 

Yahoo!JAPANカードとペイペイの相性がいい理由

 

まず、そもそもペイペイの親会社であるPayPay株式会社であるヤフー株式会社が発行しているクレジットカードがYahoo!Japanカードなんですよね。だからこそ、ペイペイに対応しているクレジットカードがYahoo!Japanカードしかないわけですね。

 

ペイペイで還元される上限額が5万円ですので、上限いっぱいもらおうと思えば、25万円分ペイペイを使う必要がありますが、仮に25万円分をペイペイにチャージした場合は、Yahoo! JAPANカードで2,500円分のTポイントを得ることができます

 

 

それに、今ならYahoo! JAPANカードを作成すれば、10,000円分のTポイントを得ることができますので、作っておいて損はないですね。

 

ちなみに、普通に発行してもお得なのですが、ポイントサイトハピタス経由で申し込めば、さらにポイントが2重でもらえます。

 

 

普通に発行しても、10,000円のTポイントがもらえてお得ですが、ポイントサイトハピタス経由で申し込めば、さらに3,000円分のポイントをゲットできます。

 

なお、ポイントサイトって何?という方は特集記事を書いているので、そちらをご覧ください。

 

関連記事

【必読】副業禁止の公務員でも手堅く安定的に月1万円以上稼ぐ方法
このブログの目的は、地方公務員法や人事院規則上で禁止されている公務員でも合法的に取り組んで良い副業について紹介を通じて、少しでも自由に使えるお小遣いを増やすことです。 公務員の副業については、これまで記事を書いてきましたが、や...

 

 

期間限定ですが、ペイペイが100憶バラマキキャンペーンを12月4日から開催します。

【100億バラマキ】20%割引の「ペイペイ」キャンペーンが衝撃すぎる
平成30年12月4日からソフトバンク系のスマホ決済サービスである「PayPay」(ペイペイ)が、衝撃的なキャッシュバックキャンペーンを行うこととなりました。 なななんと!ペイペイで支払った額の20%分をキャッシ...

コメント