スポンサーリンク

【100億バラマキ】20%割引の「ペイペイ」キャンペーンが衝撃すぎる

スポンサーリンク

 

平成30年12月4日からソフトバンク系のスマホ決済サービスである「PayPay」(ペイペイ)が、衝撃的なキャッシュバックキャンペーンを行うこととなりました。

 

なななんと!ペイペイで支払った額の20%分をキャッシュバックするというお得過ぎるキャンペーンが行われることとなったのです。

 

20%が還元されるということは、10万円分の家電を買った場合は、2万円はキャッシュバックされるということです。こんなお得なことは、このペイペイの運営が、国内屈指の大企業であるソフトバンクグループだからこそできるわけですね。

 

そこで、今回はこのお得過ぎるペイペイのキャンペーンについて紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

ペイペイの前に、そもそもスマホ決済サービスって何?

 

ペイペイの衝撃のキャンペーンを紹介する前に、そもそもスマホ決済サービスについてみてみたいと思います。

 

割と中国を中心にメジャーな決済手段として浸透しているのですが、支払いのときに現金でもクレジットカードでもなく、スマホを通じて決済するサービスのことです。

 

決済方法は、スマホでQRコードを読み取って支払うパターンと、自分のスマホに表示されたバーコードを読み取らせて支払うパターンの2種類があります。

 

 

 

これがあれば、スマホ一つでどこでもお買い物をすることができるというメリットがあります。

 

ペイペイを使うために必要なこと

 

ペイペイで支払うために、事前にチャージしておく必要があります。チャージする方法は、銀行口座からチャージする方法とクレジットカードからチャージする方法があります。

 

私はクレジットカードでチャージする方法をおすすめします。この方法であれば銀行口座に現金がなくても、チャージできますし、クレジットカードからチャージすれば、クレジットカードのポイントを得ることができます

 

ちなみに現在チャージができるクレジットカードは、Yahoo! JAPANカード となっておりますので、ご注意ください。

 

ペイペイがあれば消費税増税後に得をする理由

 

スマホ決裁は便利なのは分かったと思いますが、同時政府が推進するキャッシュレス決済の方針と合致しているため、消費税が10%に増税されたあとでも、2%は還元されます。

 

消費増税対策、還元ポイントは5% 9カ月間で検討
安倍晋三首相は22日、2019年10月に予定する消費増税への経済対策として、クレジットカードなどを使ってキャッシュレス決済した際に5%のポイント還元を検討する考えを表明した。増税から20年夏の東京五

安倍晋三首相は22日、2019年10月に予定する消費増税への経済対策として、クレジットカードなどを使ってキャッシュレス決済した際に5%のポイント還元を検討する考えを表明した。増税から20年夏の東京五輪前までの9カ月間実施する。2%の増税幅を超える負担軽減によって、増税後の景気を下支えする狙いだ。

岸田文雄政調会長が首相と首相官邸で会談した後に明らかにした。

キャッシュレス決済によるポイント還元は中小小売店での購入分を対象とする方針だ。クレジットカードや電子マネー、QRコードなどでの決済が対象となる。ポイントを発行するカード会社などを通じて還元し、会社の負担分を国が補助する。

 

ペイペイを持っていれば、消費税増税後は、5%ポイント還元を受けることができるので、ペイペイを持っていない人に比べて、5%も得をするということなのです!

 

しかし、この政府が推進する5%ポイント還元の消費税対策について、バラマキとの批判がありますが、ソフトバンクはこれに匹敵するバラマキキャンペーンを行うこととなりました。

 

ペイペイのバラマキキャンペーンとは?

 

 

まずは、ペイペイの100億円あげちゃうキャンペーンの要点は以下の通りです。

 

12月4日より開始! 100億円あげちゃうキャンペーン
12月4日より開始! PayPayで支払ったら20%戻ってくる!さらに抽選で40回に1回の確率で全額戻ってくる!

 

 

・ペイペイ加盟店にてペイペイ決済でお支払いいただいた方に対し、ペイペイ決済利用金額の20%相当のポイントを還元します。(※ただし、もらえる上限額は5万円)

 

・誰でもペイペイで払うと40回に1回の確率で支払いが無料になる。

 

・Yahoo!プレミアム会員がペイペイで払うと20回に1回の確率で支払いが無料になる。

 

・ソフトバンク”と“ワイモバイル”のスマホユーザーがペイペイで払うと10回に1回の確率で支払いが無料になる。

 

これは、もはやペイペイ支払わない人は間違いなく損するし、ペイペイ以外を使う合理性が見つかりませんね。

 

重要な点ですが、このキャンペーンは12月4日(火曜日)から始まります。

 

 

ペイペイはどこで使えるの?

 

現在は、白木屋のモンテローザグループや、ワタミといった居酒屋で使えますが、ぶっちゃけ居酒屋に行かない人にとっては、魅力薄ですわね。

 

 

ペイペイはまだ新しいサービスなので、使える店は少ないのですが、現在ソフトバンクのバリバリ営業マンが新規開拓に動いているので、成長余地はあります。

実際、ファミリーマートやヤマダ電機といった家電量販店に対応できるよう予定です。

 

 

 

ペイペイキャンペーンの注意点は?

 

ペイペイキャンペーンが100億円あげちゃうという名前ですので、もちろん100億円の予算に達したら、そこでキャンペーン終了です。なので、モタモタして取りパグれないようにする必要がありますね。

 

また、月額5万円までしかポイント還元されないので、25万円以上使ってもポイント還元されないのでご注意ください。とはいえ、逆に言えば、25万円までは遠慮なく使っていいということですね。

 

 

100億あげちゃうキャンペーンに備えてやるべきこと

 

ペイペイの100億円あげちゃうキャンペーンはまだ始まっていませんが、備えてできることがあります。

 

(必ずやっておくこと)

まず、ペイペイをインストールしておきます。iPhoneでもandroidもOKです。

 

(必須じゃないけど、もっと得したい人向け)

(1)Yahoo!プレミアム会員になります。(全額キャッシュバックキャンペーンの当選確率が持っていない人に比べて2倍に上がります)

 

(2)Yahoo! JAPANカード を保有します。(全額キャッシュバックキャンペーンの当選確率が持っていない人に比べて4倍に上がります)

 

 

特にYahoo! JAPANカード でペイペイに5000円以上チャージすることで、1,000円分を無料でゲットすることができます。

 

 

それに今ならばYahoo! JAPANカード に新規入会すると、1万円相当のポイントを手に入れることができます

 

 

Yahoo! JAPANカード であれば、年会費も無料でポイント還元率も高いので、このペイペイキャンペーンに備えて申し込んでおくことをおすすめします。

 

 

ペイペイで得する裏技

 

ペイペイで最大のキャッシュバックを手に入れようと思っても、余計なものは買いたくはありませんよね。

 

そこで、おすすめしたいのが、Amazonギフト券をペイペイでファミリーマートで購入するというものです。

 

1万円分のAmazonギフト券を購入すれば、20%が還元されますので、1万円を8000円で手に入れることになりますね。

 

Amazonギフト券ならば、不要でもヤフオクやamaten – アマテン で売って現金化する方法もあるので、損はない方法ですね。

 

仮に電子ギフト売買サイトであるamaten – アマテン で、実質8,000円で買った10,000円のAmazonギフト券を売った場合、額面の1.99%の手数料が控除されて、9,801円が手に入りますね。

 

よって、9,801円ー8,000円=1,801円がノーリスクで手に入りますね。なので、仮に20万円分のAmazonギフト券を売れば、1,801円×20倍=36,020円の利益になりますね!

 

さらにさらに、ペイペイで支払えば、支払った額の0.5%がポイント還元されますので、上記のスキームであれば、20万円支払うことで1万円を手に入れることができます。

 

これはまさに期間限定の錬金術といえますね!!

 

関連記事

ファミマでペイペイを使ってAmazonギフト券が買えるのか?聞いてみた結果を報告します
12月4日に始まる今年最後のバラマキキャンペーンpaypayの「100憶あげちゃう」キャンペーンが刻一刻と近づいておりますね。 これは、まさに「バラマキ」といってよいほどの超お得キャンペーンであり、これを逃すの...

 

 

ただ、20万円をペイペイにチャージする必要がありますので、銀行口座に20万円が今無い!という方は、現在チャージに対応しているYahoo! JAPANカード でチャージする必要がありますね。

 

これは平成最後の大型バラマキキャンペーンです。このチャンスを逃して今年は終われませんね!!

コメント