スポンサーリンク

ビットコインとの違いは?公務員でもわかるオルトコイン投資入門

スポンサーリンク

ビットコイン投資も社会全体に浸透してきて、ビットコインや仮想通貨を保有している人も多くなっているのではないでしょうか。

今後のビットコインは伸びる余地があると思いますが、それ以上に注目されているのが、今回紹介するビットコイン以外の仮想通貨(=オルトコイン)です。

ビットコインは知っていても、オルトコインはよくわからない、という方もまだまだ多いと思いますので、今回はリップル、イーサリアムといったオルトコインについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

オルトコインとは?

オルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨を指す言葉です。具体的には、イーサリアム、リップル、モナコインなど、オルトコインの種類は多数存在しており、玉石混交しているのが実際のところです。

 

玉石混交しているので、ほとんど流通していないような無価値のオルトコインを存在しているので、ビットコイン以上にハイリスクです。

 

しかしながら、伸びしろやこれからの価格上昇の可能性もビットコイン以上であることから、ハイリスクハイリターンの投資物件といえます。

 

ビットコインとオルトコインの違い??

オルトコインで代表的なものととして、「イーサリアム」「リップル」「モナコイン」「ネム」を挙げたいと思います。

 

これらは、ビットコインと同じ仮想通貨ですが、この仮想通貨を支える技術が異なっていたり、その利用方法が異なっています。

しかし、本質的には、国際送金といったグローバルな決済手段において、低コストかつ瞬時に実現することができる点が評価されている点は変わりありませんので、そこまで違いにこだわる必要はありません。

 

なので、ビットコインもオルトコインも同じ、仮想通貨という括りで理解し、その発行元が異なるから名称が異なっているという理解で良いと思います。

 

円、ドル、ユーロといったように、各国によって通貨の名称が異なっているようなものです。その中で、ビットコインは最も影響力が強いことから、ドル=ビットコイン、仮想通貨上の基軸通貨は、ビットコインなのだな、ぐらいの理解に留めておく方がいいでしょう。

 

オルトコイン投資をするために必要なもの

オルトコイン投資を実際にしていく上で必要なものは、仮想通貨投資用の口座です。ビットコインの投資口座としては、ビットフライヤーだけで十分なのですが、今回紹介したリップル、ネムといった幅広くオルトコインに投資するならば、【GMOコイン】 口座を開設する必要があります。

 

ビットフライヤーは、投資できる仮想通貨は、限定されています。以下のように、「イーサリアム」「イーサクラシック」「ライトコイン」「ビットコインキャッシュ」「モナコイン」です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

一方、【GMOコイン】 は、「ビットコイン」「ビットコインキャッシュ」「イーサリアム」「ライトコイン」「リップル」に投資できます。特筆すべきは、ビットフライヤーでは対応していない、リップルに投資ができる点です。なので、リップルに投資したければ、GMOコインに口座を開設する方がいいでしょう。

 

まだ、仮想通貨の口座を持っていないというならば、ビットフライヤーだけでもいいと思いますが、各種オルトコインに投資を考えるならば、GMOコインが良いでしょう。

 

とはいえ、個人的にはオルトコインの伸びしろに期待しているので、オルトコインの投資比重を今後高めていきたいと思います。

 

関連記事

これから仮想通貨投資を始める公務員はビットコインよりリップルをおすすめする理由
2017年は、仮想通貨ビットコインが飛躍した年となりました。そして、2018年も引き続き、仮想通貨が上昇するトレンドが続きそうです。仮想通貨投資は、少ない元手で大きく倍増するチャンスがあることから、注目を集めており、公務員も始める人...

 

実際に400リップルを購入してみた

私はビットコインではなく、オルトコインをおすすめしております。というのは、ビットコインに比べて、伸びしろがあると考えているからです。例えば、1ビットコイン=147万円に対して、今回購入したリップルの場合、1リップル=200円以下です。

 

リップルに限らず、オルトコインはまだまだビットコインに比べたら価格が低い水準であるので、多く通貨を購入できるんですね。リップルを推奨する理由としては、以前の記事でも書きました。

 

結局通貨の価値は、使える範囲、場面が多いことによると思いますので、その点、リップルは提携先が広がっていることから、今後も上昇する可能性が高いと思います。

 

00リップルは、何度かタイミングをずらして購入したのですが、平均価格で200円ちょっとで購入できました。買っても買っても、値が下がる一方で、ひやひやしましたが、これはこれで割安感が高まっていると思い購入しました。リップルの単位は、XRPです。

ビットコインについては、ビットフライヤーで購入しているのですが、ビットフライヤーは、オルトコインにあまり対応していないので、リップルを購入するために、対応している【GMOコイン】 口座を通じて購入しています。

 

冒頭にも述べたように、ビットコイン、オルトコインともに暴落しました。

株式投資で、こんなに下落するのはありえません。このハイリスクが、仮想通貨投資の醍醐味といえます。

 

ということで、地方公務員でも気軽にできるのが、仮想通貨投資の良さでもあるので、今回購入した400リップルがどのようになったか、現在は、400リップルで、72000円ほどですので、今後どのように変化していたのか、経過報告をしていきたいと思います。

 

なお、それでも仮想通貨に貯金を使うのは、抵抗ある人は無料で手に入れる方法があります。これについても、過去の記事で言及しているので、興味がある人はご覧ください。

関連記事

いきなりお金を使うのは危険!案外知られていないタダで仮想通貨を入手する方法
仮想通貨の代表格であるビットコインは、現在バブル状態もあり、非常に注目を集めているところですが、実際に自分のお金を使って購入するのは、精神的にもハードルがありませんか? 私自身、現在は余剰資金を使って仮想通貨投資をしているので...

コメント