スポンサーリンク

これから仮想通貨投資を始める公務員はビットコインよりリップルをおすすめする理由

スポンサーリンク

2017年は、仮想通貨ビットコインが飛躍した年となりました。そして、2018年も引き続き、仮想通貨が上昇するトレンドが続きそうです。仮想通貨投資は、少ない元手で大きく倍増するチャンスがあることから、注目を集めており、公務員も始める人が増えつつありますね。

私自身もビットコイン投資をしていますが、最近はビットコイン以外の仮想通貨への投資へ広げており、今年は少しずつですが投資金額を増やしていきたいと考えています。

そこで、今回はビットコインばかり注目を集めている仮想通貨のなかで、今後さらに価格上昇する可能性がある仮想通貨リップルの魅力を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

仮想通貨はビットコインだけじゃない

仮想通貨の代名詞は、ビットコインですが実際のところ、ビットコイン以外にも仮想通貨は存在しており、投資対象のバリュエーションは多いです。

ビットコイン以外の仮想通貨は、オルトコイン(もしくはアルトコイン)と呼ばれており、ビットコイン同等、それ以上の値上がりを狙って、多くの方が投資をしています。

アルトコインは数多いのですが、代表的なオルトコインは、以下の通りです。

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・モナコイン
・ライトコイン
・ネム
・リップル

ぱっと思いつくだけでも、これだけありますが、実際は数十種類と存在します。そんなオルトコインの中でも、私が今後投資をしていきたいと考えているのが、リップルです。リップルは、確実に注目を集め、価値が高まりつつあるものです。

では、実際にリップルのどこが、魅力的なのでしょうか?

リップルの何がすごいのか?

リップルは、ビットコインと同じ仮想通貨ですが、リップルの特徴とは何なのか?といえば、その技術力です。そもそも、仮想通貨の魅力とは、コスト高な海外送金のコストを安くできるということです。

その海外送金のコストを、リップルはビットコインも安くできる技術を持っており、送金スピードも、ビットコインよりも早いことから、リップルは「早い」「安い」を実現したことが強み、といえます。

その強みは、既存の金融機関も注目しており、2018年から東京三菱UFJ銀行の日本のメガバンクやや、バンク・オブ・アメリカなどの米国のメガバンクなどが、国際送金にこのリップルの技術を活用していくことを表明しています

日経「三菱UFJ銀行がリップルを活用した海外送金を18年初から開始」 – MoneyToday

 

海外送金の基礎技術として、リップルが使われていけば、当然、リップルの価値も上がっていくことが予想されますので、その可能性に期待しているわけです。

 

リップルにGoogleも出資している

リップルが注目されている理由の一つとしては、世界屈指のネット企業であるGoogleもリップル社に出資しているという点です。Googleだけでなく、SBIホールディングスも出資している点も、信用力の乏しい仮想通貨では珍しくブランド力を高めています。

リップルの強みとしては、ビットコインと異なって、リップル社という団体が中心となって提携先を探して、流通先を広げているという点です。これは、他の仮想通貨とは異なる点です。

 

リップルが下がって、割安感が出てきている

リップルの価格は、現在1リップル=230円ほどであり、1ビットコインが175万円程度であることと比較すると、まだまだリップルは上昇余地があると考えました。まだ1000円以下であることから、仮に1リップルが1000円となれば、今購入しておけば、4倍になるということになりますね。

つまり、5万円投資しておけば、その4倍の20万円になるということです。株式投資であれば、まずありえないのですが、仮想通貨は実際そのようになる可能性が十分あり得ます。

実際、去年の2017年の12月1日時点で、1リップルが28円だったものが、現在は前述の通り、230円です。つまり、たった1ヶ月で10倍以上になっています。最近の最高値で、1リップルが400円だったことも驚きですよね。

 

本日、リップルに投資を本格しようと決意したのも、リップルが価格が下がっているということです。なので、本日230円で購入したのですが、再び、400円台に回復することを狙って、投資をすることにしました。

今後のリップルに対する期待感と、その割安感から、今後も少しずつですが余剰資金を投資していきたいと思います。原資は、株の配当金といった不労所得を中心に行っていきます。これは、以前の記事で書いた、投資戦略のとおりです。

関連記事

リップルに投資するには?

リップルに投資をする場合は、仮想通貨の口座を開設する必要がありますが、あいにく、私が普段ビットコインを投資するときに使っているビットフライヤーは、リップルに現在は対応していません。

そこで、リップルに対応している取引所である【GMOコイン】 口座を開設する必要があります。開設費用や口座維持費用が不要ですので、お手軽に始められます。

仮想通貨については、これまでいくつかの記事で紹介しているので、そちらもご参考になさってください。やっぱり、いきなりハイリスクは仮想通貨に、自分のお金を使うのは抵抗がある人は、無料で仮想通貨を手に入れる方法があるので、以下の記事で紹介しておきますね。

仮想通貨記事一覧
スポンサーリンク
初心者でも効率よく稼げるポイントサイト
モッピー!お金がたまるポイントサイト

節約にも副業にも手堅く始められるおススメのマネーツールです。貯めたポイントは現金はもちろん、マイルやTポイントなど各種特典と交換できます!

◎運営会社が東証1部上場企業のセレス
◎業界最大手クラスの会員数600万人超
〇新規案件が多く継続してポイントを稼げる
〇無料のクレジットカード発行や資料請求でノーコストで副収入
○効率よく手堅く稼ぎたい方向け
△ゲームやアンケート系はコスパが悪い。

手軽に初めて賢く殖やすなら株式投資

公務員でも堂々とできる定番の副業ジャンル。低価格で手軽に始めるなら楽天グループが運営する楽天証券がおすすめです。

◎手数料が格安
◎積立投資に楽天スーパーポイントが使える。
◎楽天カードで積立投資ができる(もちろん楽天スーパーポイントも貯まる!)
〇投資用アプリが充実
〇日本経済新聞の記事が無料で見ることができる
△投資用の元手資金が必要

安定的に不労所得を目指すなら不動産投資

株式にように値動きが無くて、安定的に不労所得を得るなら不動産投資がベスト。手元資金が無くても公務員の信用力があれば融資も狙えるミドルリスクミドルリターンの副業ジャンルです。

◎家賃収入で手堅く稼げる。
〇減価償却費が節税対策にもなる
〇公務員の信用力で融資が見込める。
△ある程度のまとまった元手資金が必要
△中古不動産投資の場合は修繕費が発生しやすい。(新築アパートは無し)

フォローする
財テク公務員ブログ

コメント