スポンサーリンク

新人でも有給20日!恵まれすぎてる公務員の休暇制度まとめ

スポンサーリンク

公務員は薄給なのですが、民間以上に恵まれているのが、休暇制度です。公務員は本当に休むことが簡単にできます。

本来民間では、ノーワークノーペイの原則ですが、公務員はノーワークでもペイがあるわけですので、これは本当に公務員でもよかったなぁと思うわけです。

それでは、今回は具体的も公務員だけの休暇制度を述べたいと思います。

スポンサーリンク

公務員の強みは給与ではなく、休暇制度

公務員は、大企業と比較すると薄給というハンデがあります。

今回の冬のボーナスで大企業平均と比べれば、やはり見劣りするのが公務員給与の実態です。とはいえ、休みが比較的取りやすく、そういう意味では働きやすいので、のんびり働きたい人には非常に良い環境といえます。

よって、給与は不満でもプライベートは充実できることは間違いありません。

 

有給休暇について

年次有給休暇、通称「有給」ですが、(公務員の世界では年給と呼びます。)これは新人でも20日間与えられて、年間で余っても最大40日間は休むことができます。

ちなみに、この年給ですが、1時間単位で取れますので、二日酔いで1時間休なんてこともできますし、天気いいから午後から4時間休なんてこともできます。

先述のとおり、最大40日間までストックできないので、余ったら全部損することになりますので、ほとんど公務員は余りなく使うように調整しております。

 

夏季休暇について

夏季休暇で、年間7月~9月の期間で5日間取ることができます。もちろん、給与は出ます。なので、土日と合わせて、まるまる1週間休むこともできますし、それに年休を加算して、2週間休んだ強者もいます。

 

病気休暇について

雇用保険の適用除外対象なのですが、非常に手厚く療養中も手厚いのです。

具体的には、90日間は100%給料が支給されます。出社しないので通勤手当は出ませんが、それでも満額支給されます。

また、病期休暇に年給が最大残っていればさらに40日間休めます。よって仮に年給が合計で、130日間は100%給与を受けて休むことができます。

ちなみに90日間過ぎても、それから3年間は休むことができる休職扱いになります。

ただし、3年間のうち給与額が変わります。最初の1年間は80%が支給されますが、続く1年半は3分の2支給(共済組合の傷病手当金)されます。しかし、残りの半年は無給となります。

そして、それらを過ぎても復帰しなければ、、退職となります。

問題は休職期間です。80%とはいえ、月30万円の給与ならば6万円減らされて、24万円となります。やはら、6万円は大きいロスですね、、。

しかし、支給されるのは凄く手厚いですね。

 

子の看護休暇について

子供の介護休暇であれば、1人につき年間5日間取ることができますので、3人いたら15日間取得することができます。子供が風邪ひいているかどうかを証明する必要がありませんので、仮に嘘でも休めますので注意が必要です。

 

生理休暇について※女性限定

生理休暇であれば、毎月2日間は取得できますので年間24日間は休めます。当然女子限定ですし、休んでいる間は給与があります。

 

リフレッシュ休暇について

勤続10年以上で、5日間のリフレッシュ休暇を取ることができます。

 

プレミアムフライデーでさらに公務員はのんびり休める?

今回のプレミアムフライデーが導入されれば、さらに休むことができ、仮に3時以降働けば残業代も出るので非常に素晴らしい制度ですね。やはり、お金よりも時間が大切!

そういう公務員に、今回のプレミアムフライデーは追い風になること間違いなし!ですね。では、プレミアムフライデーで生まれた余暇をどうすればよいか?このブログでは、副業をおすすめします。

 

関連記事

公務員副業禁止でも合法的に稼げる副業リスト
公務員が安泰しているとはいえ、悲しいことに月収は低く、国も地方も人事院勧告の名の下で、今後も給与については下がることはあっても上がりません。 民間の大企業がアベノミクスで給与、ボーナスが上がっても、公務員には関係ありません。で...

 

いかかでしたか?公務員は実際働いている身としては、非常に恵まれていて、取りやすていいのですが、恵まれ過ぎてるが故のモラルハザードも起こりやすいです。

休みを悪用して何度も休みを繰り返す人もいるそうです。モラルハザードが起きやすいのが公務員給与の構造的問題ですね。

コメント