スポンサーリンク

公務員でもわかる仮想通貨の基本を徹底解説!無料でビットコイン投資をする方法も教えます

スポンサーリンク

仮想通貨ビットコインがバブル状態です!ビットコインの値段が日に日に上昇しており、もうすぐ1ビットコインの価格が100万円に到達しそうな勢いです。

このようにビットコインの価格が高騰していることから、この価格上昇の波に乗りたいと考えましたが、公務員になじみがないビットコインを含めた仮想通貨についてを紹介するとともに、ビットコインを無料で手に入れる方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ビットコインとは?

ビットコインは、インターネット上で使える仮想通貨と呼ばれるものです。

仮想通貨とは、「仮想」とはついているものの、通貨であるので、買い物もできます。その点は、普通の通貨と同じです。実際、ビックカメラやHISなどでは購入時に使えます。紙幣やコインといった現物はないバーチャルですが、通貨です。

ビックカメラ全店でbitcoin使えます! | ビックカメラ

【H.I.S.】bitcoin H.I.S.店舗で使えます | 海外旅行・格安航空券の総合情報サイト

 

その他にも、ネット上のショップを中心に使えます。

日本のビットコインが使えるお店(ビットコイン決済対応店舗) | Bitcoin日本語情報サイト

 

また、amaten – アマテンのようなギフト券売買サイトでも使うことができます。

アマテンって何?という人は下記の記事をご覧ください。

 

関連記事

amatenでどうしてamazonギフト券を格安で購入できるか調べてみた
amazonで安く商品を買う方法としては、Amazonギフト券を安く手に入れることが手段として考えられます。 そのamazonギフト券を安く手に入れるルートとしては、 1 ヤフオクで落札する。 2 サークルKサンクスで購入...

 

まだまだ使えるお店は少ないものの、通貨としての存在感が日々高まっています。そのため、冒頭に紹介したように価格が上昇しているわけですが、そもそもビットコインの何が凄いのでしょうか?

ビットコインの単位は?

ビットコインの単位は「BTC」です。1BTC=949,000円程度です。

とはいえ、ビットコインは、0.00000001BTCから購入できるとしていますが、はじめは1000円単位からも買うことが一般できます。

ちなみに、ビットコインの最小単位は、ビットコインの生みの親といわれるサトシ・ナカモト氏からちなんで、「1 satoshi = 0.00000001BTC」といわれます。

ビットコインの何が凄いの?

冷静に考えれば、別に仮想通貨じゃなくて普通の通貨を買い物で使えばいいじゃないか、と思いますよね。なぜビットコインが注目を集めているのか?という話になります。

通常の通貨というものは、政府の中央銀行が発券するものですが、仮想通貨は中央銀行的存在がなく、国に縛られない非常にボーダーレスなのです。

ボーダレスゆえに、海外送金が非常に低コストで可能なのです。だから、日本からアフリカやドイツ、パプアニューギニアでもどこでもネットがつながれば、誰でもどこでも送金できます。

仮に三井住友銀行で送金しようと思えば、最低でも9000円以上は必要になります。

海外送金 : 三井住友銀行

●円普通預金から出金、または円現金を店頭にお持ち込みされ、円貨建てで送金される場合
以下の3つの手数料が必要となります。

1.海外送金手数料 4,000円(弊行の海外店・連携銀行あては3,500円)
2.関係銀行手数料 2,500円
●受取人取引銀行または送金の経由銀行で発生する手数料を依頼人負担とした場合にかかります。
●受取人取引銀行または送金の経由銀行から後日4,000円を超える請求があった場合は差額を請求させていただきます。
3.円為替取扱手数料 送金金額の1/20%(0.05%)(最低2,500円)

 

一方で、日本国内大手のビットコイン取引所であるビットフライヤーであれば、送金手数料は0.0004 BTC(367円程度)でどこでも送金できます。

改宗者Bitcoin (BTC) 及び日本円 (JPY): 両替率の換算の計算機

 

ビットコインは他の通貨とは違って格安に送金できるから注目されているわけです。このビットコインのもつ、送金コストの安さが、経済学者の野口悠紀雄教授も注目しており、これからの可能性を感じさせます。

通貨革命か、それとも虚構か?「ビットコイン」を正しく理解する 野口悠紀雄 | ダイヤモンド・オンライン

 

ビットコインはどこで買えるの?

ビットコインは、取引所と呼ばれるところで購入するのが基本ですので、まずは、取引所において、口座開設をする必要があります。

確かに、仮想通貨は個人間でもやりとりできるのですが、誰がビットコインをもっているかわからないですし、本当に取引できるか不安ですから、取引所を介在する方が無難です。

日本国内でも様々な取引所がありますが、口座開設をする取引所を選ぶときには、注意が必要です。取引所によっては、運営がずさんで、過去には取引所が破綻して、ビットコインがすべて消失してしまった人もいました。

 

マウントゴックス破綻 ビットコイン114億円消失  :日本経済新聞

インターネット上の仮想通貨ビットコインの取引所「マウントゴックス」を運営するMTGOX(東京・渋谷)が28日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日受理されたと発表した。債務が資産を上回る債務超過に陥っていた。顧客が保有する75万ビットコインのほか、購入用の預かり金も最大28億円程度消失していたことが判明した。

したがって、取引所の選択は慎重にする必要があります。

私自身は、国内大手でメガバンクや損保会社、生保会社等が株主に名を連ねるビットフライヤーを利用してビットコインを購入しています。

ビットフライヤーは、抜群の安定感があるので、安全面を考慮するならば、ビットフライヤーで十分かと思います。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

また、ビットコイン以外の仮想通貨、例えば、リップル、ネムなど幅広く購入したいと思うならば、ビットフライヤーと同じ取引所・販売所である【GMOコイン】で口座開設をしてもよいでしょう。

 

ビットコインは「投資」ではなく「投機」商品?

このように、これまでの常識を大きく違う仮想通貨ビットコインですが、投資商品としても注目を集めています。ビットコインはこれまで一貫して価格が上昇しています。平成29年5月時点で1ビットコイン=25万円だったのが、平成29年11月現在90万円を超えています。1年足らずに4倍にもなっています。

1年単位では上昇傾向ですが、1日単位では大きく値が変動しています。

1日で90万円から94万円と大きく変動しており、非常にハイリスクな商品といえます。しかし、ビットコインはいくらからでも買うことができるので、1000円から始めることもできますので、ちょっとしたギャンブルとしても楽しむことができます。

なので、公務員の「投資」商品としてはおすすめしないのですが、タイミングよく売買すれば倍に増えることができるので、投機として割り切る分には良いと思います。投機として考えれば、面白い商品です。とはいえ、投機に自分のお金を注ぎ込むのは、リスキーですね。

 

仮想通貨の税金は雑所得扱い

仮想通貨の利益(所得)にかかる税金については、すでに国税庁が見解を示していますが、すべて「雑所得」扱いとなります。

No.1524 ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係|所得税|国税庁

ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります。

このビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。

 

雑所得ということは、最低で5%、最高で45%も税金として、政府に召し上げられてしまいますので、仮想通貨投資におけるデメリットです。

 

加えて、株式のように分離課税ではなく総合課税となりますので、総合課税とは、他の所得と合算して所得金額を算定する方法です。なので、仮にアフィリエイトといった他の副業収入を得ていた場合は、これも合算することになります。

よって、仮想通貨のデメリットである、雑所得と総合課税については、仮想通貨投資を始める人も、すでに始めている人も覚えておいていいでしょう。

 

仮想通貨の税金リスクはそんなに気にしなくていい?

年間所得が20万円以下であれば、申告の必要がありません。なので、課税が発生するのは、20万円を超えた場合ということなります。

たとえば、所得金額が、年間4000万円を超えた場合は税率45%がかかってしまいますが、そこまで稼ぐ人はそうはいないでしょう。

普通の人でも、年間所得は多くても195万円以下でしょうし、その場合でも195万円×5%=97,500円です。税金をしっかり払っても、195万円-97,500円=185万2500円が手元に残ることになりますので、そんなに悪くはないでしょう。

それに、投資金額が1万円程度であれば、仮に10倍になっても得られる利益は10万円ですので、この場合でも、税金を払う必要はありません。少ない額で始める方が税金リスクも、そこまで心配する必要はない思います。

とはいえ、仮想通貨投資で20万円以上の利益が発生すれば、確定申告を忘れずにしましょう。

 

仮想通貨投資の税金コストより恐ろしい取引所リスク

仮想通貨投資のデメリットである税金については、そんなに大金を投資しない人にとっては、気にしなくてもいいということです。

仮想通貨のデメリットといわれる税金コストですが、利益が20万円以上発生する前から過剰に心配する必要はないでしょう。

それよりも仮想通貨投資をする場合に、最も気を付けるべきところは、取引所選びだと思います。実際、コインチェックの不正流出事件では取引所のセキュリティ、安全性が改めて重要だということを認識しました。

私自身も、コインチェックで大失敗をしてしまいました。

仮想通貨の値動きは、刻一刻と動きます。株式投資は9時から15時の平日だけですが、ビットコイン、リップルといった仮想通貨は24時間常に動いています。

それゆえ、いつでも取引することができます。その気軽な投機性が仮想通貨投資の特徴であり、その仮想通貨の値動きリスクに注意していました。

最初は仮想通貨の王道である、ビットコインに投資していましたが、より高いリターンを目指してオルトコインのリップルを購入したいと考えました。しかし、ビットコイン投資で使っていた取引所であるビットフライヤーでは、リップルを取り扱っていなかったため、当時リップルを取り扱っていたコインチェックでも口座を開設したわけです。

しかし、それが最大のリスクであったわけです。

ご存知の通り、コインチェックは外部からの不正アクセスによって、オルトコインのNEMを盗み取られるという事件が発生します。その影響によって、コインチェックで預けていた現金、仮想通貨すべてを出勤することができなくなりました。

私はこれからリップルの価値が上昇すると考え、570リップルほど購入していましたが、それらすべて、出金することができなくなりました。

なので、リップルが仮に価格が上昇しても、出金することができない以上、素直に喜ぶことはできません。やはり、仮想通貨投資で最も重要なこと、というよりも、基本的なことは、安全性を保証する取引所で口座を開設する、ということです。

 

実際、最初に仮想通貨投資をしていたビットフライヤーは、株主に国内メガバンクや金融機関が名前を連ねており、仮に今回のコインチェック事件のようなことが発生しても、財務的には安定感があります。

そんな苦い経験から学んだ取引所選びの勘所を抑えれば、取引所リスクを抑えることができます。やはり、仮想通貨投資においても、コストとリスクを抑えるという投資の一般的な考え方が有効だということですね。

仮想通貨投資は、FXや株式投資にはくらべものにならないぐらい、ハイリスクハイリターンな投資手法であり、一日で30%も値動きすることはざらです。このようにリスクの高い投資において、前提条件としては、購入した仮想通貨がしっかり保全されるかどうかです。

しかしながら、今回のコインチェック事件では、最低限、仮想通貨取引所が果たすべき責任を果たしていないことが、NEMの流出事件で明らかになりました。

ハイリスクな仮想通貨投資では、強固なセキリュティをもった取引所で口座を開設することが、仮想通貨投資をするうえでは重要であることが、改めてわかりました。

決して目先の手数料の安さや、仮想通貨の取り扱いラインナップだけでなく、どれだけサイバー攻撃に対応できる危機管理能力をもち、仮に流出した場合、迅速に投資家への賠償ができるかどうか、これが取引所選びでは重要です。

なお、税金コストと同じく、仮想通貨投資では足かせとなる入金コストについても、仮想通貨の利回りを上げるためには、大事な視点です。仮想通貨の取引所選びも大事ですが、仮想通貨投資に最適な金融機関選びも大事だということですね。

 

関連記事

仮想通貨投資を始めるなら住信SBIネット銀行の口座開設が必須である理由
仮想通貨投資の弱点としては、私が最も嫌なコストが入金手数料です。ただ仮想通貨取引の取引口座に入金するだけにも拘らず、お金がかかるなんて馬鹿馬鹿しいですよね。 しかし、入金しないと仮想通貨投資を始められないのも事実です。そこで、...

 

 

ビットコインを無料で手に入れる方法

1000円から購入することもできますが、ビットコインを無料で手に入れる方法もあります。それは、ポイントサイトを利用することです。

ビットコインと交換できるポイントサイトは限られていますが、最も効率よく交換できるのは、ポイントサイト最大手のポイントタウンです。

自分のお金をビットコインに交換するよりも、ポイントタウンでポイントを稼いで、ビットコインと交換した方がノーコストで手に入れることできます。

ポイントタウンであれば、簡単にポイントが貯まることができますので、あっという間にポイントが貯まります。たとえば、クレジットカードを発行するだけで貯めることができます。

クレジットカードを発行するのは、ちょっと・・・という人でも、証券会社の口座を無料で解説するだけでも、十分ポイントがもらえます。

とはいえ、ポイントを貯めずにすぐにビットコイン投資を始めたい人は、ビットフライヤーから取引ができます。いずれにしても、自分に合った方法で取引すると良いでしょう。

なお、ポイントタウンでは、あっという間に30,000ポイントを貯めることができました。

 

↓下のリンクから登録すれば、登録ポイントもゲットできます。ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

 

実際にビットコインを投資してみた結果

実際にポイントタウンで得たビットコインで、ビットコイン投資を始めてみたところ、現時点では以下のような運用成績を得ることができています。

15,276円ですが、現金を投入したのが3,500円だけです。後のビットコインはすべてポイントタウンで交換して得たものですので、現在のビットコイン15,549円のうち、現金で購入した3500円を差し引いた12,049円については、一切持ち出しがゼロということです。

ポイントタウンで稼いだポイントをビットコインを購入しながらも、少しずつ現金でビットコインも買いましていきたいと思います。今後もビットコインの価格はじわりじわりと上げていくと思いますし、仮に暴落してもまだ1万円も投入していないので、全然ダメージがないので、問題ありません。

公務員も少しずつでもいいので、ビットコインの世界を体験してはどうでしょうか。仮想通貨に関する記事は、以下でまとめていますので、ご参考になさってください。

 

関連記事

公務員が仮想通貨をするときに役立つ記事まとめ
仮想通貨投資が、少しずつ認知度を高めており、投機的とはいえ、魅力ある投資方法の一つとして、確立しつつあります。 そんな仮想通貨投資について、本ブログでも様々な記事で紹介してきましたが、今回はそれらの公務員がビットコインやオルト...

 

コメント