スポンサーリンク

当然だけど忘れがち?株式投資の前にやるべきノーリスクで稼げる2つの投資案件

スポンサーリンク

あとお小遣いが5万円アップしたい、せめて3万円アップしたい、、だけど給料が上がるわけではない、、。そんな背景があり、副業や投資をする公務員が増えています。

しかし、収入アップを図ることは、当然リスクが伴います。また、株式投資のように、一定の元手がないと進まない、というものもあります。

よって、逆説的ですが、余裕がない公務員でなければ副業、投資はできないのです。

そこで、投資は順番が大切となります。今回はそんな数かる投資のなかでもローリスクかつハイリターンの案件を紹介します。

スポンサーリンク

借金返済は高利回投資に匹敵する強力物件

たとえば、カードローンの金利が8%だとすると、その利息の支払いは本当にバカになりません。言い方を変えれば、カード会社に高利回りで払っているわけですので、美味しい客ですね。

なので、借金はなるべく繰上返済をすることが有利で、高配当株式以上にどんなに探してもそんな優良なものありません。したがって、借金返済はノーリスクハイリターンの確実な投資と位置付けましょう。

 

節約という基本的な投資戦略

節約は家計の足腰を鍛える最重要戦略であり、収入アップが見込めないからこそ、優先して行うべきです。つまり、コストカットこそ、最も確実な経営戦略なのです。

案外、家計を見直すと無駄な支出が多いものです。その無駄こそ、利益の源泉と認識して積極的に改善することで、ノーリスクハイリターンが実現します。

 

関連記事

浪費癖のある公務員でも5分でできる節約システムの作り方
このサイトでは過去のエントリーで貯金の方法について書いた。詳しくは過去のエントリーを見てほしいのですが。ポイントとしては、意識して貯金ができるほど、貯金は簡単ではない、ということです。意識だけが大切、ということになれば、意識が弱けれ...

 

たとえば、生活費を圧迫している固定費を下げるだけでも、十分にリターンが見込めます。たとえば、iPhoneをソフトバンクやドコモで利用していれば、平均でも月8000円ほど必要になるので、年間でも96,000円がかかってきます。

それをシムフリーのスマホ、かつ通信SIMカードに切り替えるだけでも、月5,000円以下にスマホの通信費を下げることができます。年間になおせば、60,000円となりますので、先ほどとの比較では、年間36,000円の節約となります。

年間36,000円の配当金を得ようと思えば、配当利回り4%、資金が900,000円が必要となります。

そのような投資を実現をスマホの切り替えだけで達成できるので、やらないのは損ですよね。

関連記事

ソフトバンク長期継続特典の改悪に怒りを覚えたので格安スマホにUQモバイルに乗り換えます
私はこれまで、ソフトバンクを継続していました。巷では評判の悪いソフトバンクですが、超継続特典が案外お得だったんですよね。そんな魅力が12月をもって終わることとなりました。 具体的にどこが改悪されたのか?ソフトバンクユーザーの人...

 

借金返済と節約こそ最強の投資戦略

借金返済と節約はキホンのキホンなのですが、案外できてない人が多いです。中には消費者金融で高金利で金を借りているのに、株式投資をしている人もいるかもしれません。

家計が不安定ならば、投資は絶対におすすめしません。まずは借金返済、節約をして上で貯金をする。これが大切です。

投資は順番が大切なのです。まずはローリスクハイリターンの物件から攻めていき、次にローリスクミドルリターン、ローリスクローリターンというように、リスクの低い案件から手堅く投資をして、最終的にハイリスクハイリターンの案件に手を出せばいいのです。

節約→貯金→投資の黄金サイクルが経済的自由への道しるべなのですから。

では、貯金をどのようにするかというと、案外ほったらかしに自動的に貯まるようにする仕組みを作ることが一番簡単かつ確実です。

関連記事

公務員でも気づいたら1,000万円の貯金ができるほったらかし積立が最強
公務員は安定して給与、ボーナスが得られるのに、案外貯金をしていない人が多いです。それは、その人の意識の問題・・・というわけではなく、単純にお金がたまる仕組みがない、整備していないからではないでしょうか。 たとえ、貯金下手でも、...

コメント