スポンサーリンク

副業公務員が不労所得を得てセミリタイアするために必要なツールとステップ

スポンサーリンク


副業をしている公務員の短期的な目標は、少しでもお小遣い、自由に使えるお金を確保すること、生活を楽にすること、だと思います。

しかし、どうせならば、最終目標は公務員でも不労所得、働くことなく自動的に入ってくる自分だけのベーシックインカム、自動収入システムを作ることとすると、やる気がわいてくるのではないでしょうか。

副業が本業の収益を超えて、いつ公務員をやめても、退職したり、独立したり、起業しても安心できるメンタルを手にすることができます。

そこで、今回は副業公務員の最終形態、不労所得公務員となるためのステップと、その目標を実現を支援するツールを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

公務員で増えるメンタルヘルス問題

公務員の仕事は終わりがない、民間企業のように営業成績のように見える成果がない、そういう意味ではしんどい、やりがいを感じづらいような仕事です。

住民もみんながお客さまであり、断ることが基本的にできません。ゴミ屋敷のような問題市民もいれば、クレーマー市民もいます。

また、職場環境もいろんな考え方の人がいるので、その点についても職場になじめずメンタルを病んでしまう人もいます。

このように公務員を取り巻く環境は厳しくなり、経済的にも年金が縮小され、給与もカットの可能性、はたまたリストラをされる可能性もあります。

そこで、一定の逃げ道を公務員も作っておく必要があるのではないでしょうか。

参考リンク
http://www.lifehacking360.com/241/

 

 

セミリタイアし易くするために大切なこと

公務員をやめると考えるならば、今のうちから準備をしておく必要があります。

まず、逃げ道を紹介する前に、逃げやすくするための体力を作っておく必要がありますので、以下のポイントが重要になるでしょう。

(1)無借金にする

(2)貯金をする

(3)収入源を作る。 

 

借金といっても不動産投資や利益を生み出す借金は大事ですので除外するとして、消費のために作った借金はなくす必要があります。特にカードローンについては早期に無くす努力をすべきでしょう。

また、貯金についても、だいたい300万円は必要でしょう。それぐらいあればしばらく無収入でも生きていけます。

そして、無借金、貯金がしっかりあるとともに、大事なことは収入源を作るということです。収入源があれば、公務員をセミリタイアしても問題ありませんよね。

 

不労所得という油田を開拓するのが副業である。

副業公務員は、文字通り、本業の公務員として得る給与以外の副収入を、株式投資や、不動産投資、農業、太陽光発電、アフィリエイト、アドセンス、ポイントサイトなどなど、いろいろな副業スキームを駆使して得る公務員をさします。

それら、副業は最初こそ、苦労するかもしれません。

株式投資を例にとれば、銘柄選びのために株価チェックをしたら、買い時、売り時を判断するなどいろいろ作業が発生します。

しかし、一度株式、それも高配当株式を購入すれば、まるで油田のように所得をもたらしてくれます。

現在の低金利、マイナス金利では、不労所得、年利3%ともいえば、非常に魅力的ですが、実際のところ、そのような銘柄はごろごろしています。

このように副業の条件として、本業に影響するほど、忙しくならず、不労所得、収入の自動化を図ることができる仕組みを作る、とも定義することができます。

 

不労所得公務員となるための、4つのステップ

不労所得を生み出すには、投資をしなければなりませんが、その前にステップがあります。図で書いた通りですが、以下の通り

 

(1)借金返済

(2)節約

(3)貯金

(4)投資

 

ということになります。

借金があれば、不労所得を得るどころか、他人に不労所得を与えてしまっている状態であるので、不動産投資や利益を生み出す借金、ファイナンス以外の借金、つまり、カードローンや、消費者金融は早く返済するのです。

これが、大事なステップです。

そのうえで、借金返済と同時並行でもよいのですが、節約を行うのです。

節約を行い浮いたお金で借金返済をしてもよいし、貯金に回す。

そして、貯金が100万円以上溜まれば、株を購入して投資を始めるのです。

このステップ、順番を守らないと、損することになります。だいたいが、消費者金融以上の利回りを株式投資であげるのは、素人ではほぼ無理です。

貯金もできない、生活ギリギリで投資をするのも間違っています。それゆえ、上の4つのステップを守ってほしいです。

 

不労所得までのステップを加速化させるツール

では、不労所得公務員の実現までに必要なツールを紹介します。

 

共済貸付

共済貸付は公務員なら利用できる貸付制度で、貸付利率は年2.66%と、消費者金融と比較すると、ダントツに安い金利で借りることができます。

そのうえで、上限額は200万円であるので、上手に活用して借金をとりあえず金利を減らすという意味で借り換えをしたらよいと思います。

関連記事

公務員限定の最強ローン!共済貸付のメリットとデメリットは?実際利用して学んだこと
公務員は給与面こそ、いまいちなのですが、福利厚生制度は大企業にも負けないレベルがあると思いますが、今回さらに充実することになりました。 タイトルの通りですが、公務員限定で使える共済貸付の貸出利率が、1.26%になったのです。以...

 

ポイントサイト

買い物をするときに、普通に通販サイトで買うよりも、ポイントサイトを経由して購入するほどが、断然安く購入することができます。

通常の2倍、2重取りでポイントという形で購入できるというのは、生活の中に取り入れることで節約に寄与します。ポイントサイトハピタスは節約という点では非常に有効だと思います。

 

関連記事

浪費癖のある公務員でも5分でできる節約システムの作り方
このサイトでは過去のエントリーで貯金の方法について書いた。詳しくは過去のエントリーを見てほしいのですが。ポイントとしては、意識して貯金ができるほど、貯金は簡単ではない、ということです。意識だけが大切、ということになれば、意識が弱けれ...

 

ふるさと納税

 

関連記事

公務員も他市町村に納税してOK!公務員でもできるお得なふるさと納税入門と役立つ書籍
今話題になっている「ふるさと納税」制度、自分の住んでいるところ以外にも、そして自分の故郷でもなんでもない縁もゆかりもないところにも納税することができるふるさと納税制度です。 そのふるさと納税制度ですが、使い方によっても非常にお...

 

高還元クレジットカード

インデックス投資信託

関連記事

確定拠出年金をしているならば積立NISAへ変えずNISAのままが適している理由
平成29年の10月制度が開始された「積立NISA」ですが、ここ最近、「NISA」ではなく「積立NISA」に変更しようかどうか考えていました。 私自身、NISAを通じて投資を行っているのですが、最近は短期投資ではなく、確定拠出年...

副業公務員でも、不労所得公務員のステップを駆け上がるためのブースターになるツールばかりです。

今後、実際に獲得した不労所得の情報も公開していきたいと思います。

コメント